Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

F1

F1のグリッドガール(レースクイーン)廃止について

F1

フォーミュラーワン(F1)のグリッドガールが今年から廃止されることが決定したようです。 グリッドガールというのはグランプリ主催者が雇った女性で、スターティンググリッドで看板を持って立っているのが主な仕事ですね。 レースクイーンは日本だけの慣習…

2018年のF1のレギュレーション変更点

F1

2018年のF1まであと2ヶ月ちょっと。 2月末からテストが始まれば本格始動です。 レギュレーションの大きな変更点ですが、 1シーズンで使えるパワーユニットが各コンポーネント3基に。 また、オイルを燃焼させて出力を上げる事が禁止に。 そしてシャークフィン…

「アルファ・ロメオ」ザウバーとタッグを組んでF1に復帰!

F1

アルファ・ロメオ・ザウバーF1チームが誕生です。 ザウバーがアルファ・ロメオとパートナーシップを結ぶようで、技術面での提供も受けるようです。 ザウバーは近年経営に苦しんでいましたが、アルファ・ロメオのF1復帰で救われそうです。 www.formula1.com …

【F1】祝・シャークフィン撤廃

F1

2018年からシャークフィンがなくなるようです。 これでTウィングもなくなりますかね? めでたい事です。

F1 2017年のシーズンが終了。各チームの総括

F1

2017年のF1世界選手権が幕を閉じました。 今シーズンは久々にメルセデスがメルセデス以外と勝負する年になりました。 どのレースもドラマチックで、シーズン途中でドライバーが変わったり、アロンソがインディ500に出場したり、色々な事が起こりました。 ま…

2017 F1 ブラジルGP ストレートスピード最高速比較。結局最後まで遅すぎたホンダエンジン

F1

ブラジルGP予選時のスピードトラップ比較です。 スピードトラップは1コーナー手前にあります。 チーム ドライバー パワーユニット スピードトラップ速度 フォース・インディア オコン メルセデス 332.7 km/h メルセデス ボッタス メルセデス 330.9 km/h ウィ…

F1 マッサ 今シーズン限りで引退

F1

今シーズン緊急で復活したマッサですが、今度こそ最後になるようです。 フェリペ・マッサは2017年限りでウィリアムズのシートを失います。 これは事実上F1からの引退となるでしょう。 Williams Martini Racing confirms @MassaFelipe19 to leave team at end…

F1 2021年からのエンジン案をFIAが公開。MGU-H廃止。V6ターボ、15000回転以上?

F1

FIAが2021年からの新しいF1エンジンの規則の案を発表しました。 1.6リッターのシングルターボエンジン MGU-H(熱エネルギー回生)は廃止 強力なMGU-K 現在より3000回転高い ESとCEは共通 ドライバーが放出エネルギーを調整可能 と、だいたいこんな感じです。…

F1ドライバーとGP2参戦年数・年間ランキングの関係

F1

F1に最も近い日本人ドライバーとされていた松下信治ですが、F1へのステップアップはかなり厳しくなりました。 松下のGP2での成績は 2015年→9位 2016年→11位 2017年→6位? ということで、スーパーライセンスが取れないというのが理由です。 ジュニアカテゴリ…

ルイス・ハミルトン 2017年のF1ワールドチャンピオンに!

F1

ルイス・ハミルトンが2017年のドライバーズチャンピオンシップを獲得しました。 自身4度目。 ベッテルとプロストに並ぶ4度のタイトル獲得に。 He’s done it! Congratulations @LewisHamilton, FOUR-time world champion!#MexicoGP #F1 pic.twitter.com/drd4…

ウサイン・ボルトがルイス・ハミルトンの運転するメルセデスAMGの助手席で大興奮!

F1

F1アメリカGPのイベントでウサイン・ボルトがルイス・ハミルトンの運転を体験しました。 メルセデスAMGの助手席にボルトが乗せてもらい、たぶん今年のF1チャンピオンであるハミルトンがドライブ。 Usain Bolt Takes A Hot Lap Around Austin With Lewis Hami…

ドライバーとしての強さを証明したハミルトンがアメリカGPを優勝

F1

2017アメリカGP、ルイス・ハミルトンが優勝しました。 これによりメルセデスが2017年のコンストラクターズチャンピオンに。 チームメイトのボッタスがレースペースで苦しみ5位。 一方でハミルトンはフェラーリを圧倒するペースで優勝。 フェラーリは夏休み明…

ホンダF1 シーズン開幕前に組織再編をしていた

F1

ホンダは2017年のF1開幕前にエンジンの開発に失敗し、プレシーズンテストで散々な結果に終わったわけですが、開幕前にリストラを実施していたようです。 長谷川氏によると、この組織再構築でスタッフの入れ替えや追加を行う等して、これが結果的に以降の信頼…

ブレンドン・ハートレーがトロロッソから電撃デビュー!ガスリーの代わりにアメリカGP出場

ポルシェからWECに出場しているブレンドン・ハートレーが、F1アメリカGPに出場することが決まりました!トロロッソから! ニュージーランド人ドライバーとしては84年以来?? @BrendonHartley will race for us at the next round of the #F1 World Champio…

ルイス・ハミルトンがグランツーリスモ最新作をプレイ!「本物の感覚にそっくり」

F1ドライバーのルイス・ハミルトンがグランツーリスモ最新作「GT SPORT」をプレイしたようです。 もちろんメルセデスAMGで走行。 サーキットはニュルブルクリンクのグランプリコース。 ハミルトンはプレイ後に"It's so much like real thing"と感想を口にし…

トヨタがWECを続ける意味はどれほどあるのか

Toyota Gazoo Racingは現在世界耐久選手権にエントリーしています。 しかし、その耐久選手権からポルシェもアウディもいなくなります。 来年、ワークスとして参加しているのがトヨタだけになってしまいます。

2017日本GP マクラーレン・ホンダがポイントを逃した原因

F1

2017年の日本GP、マクラーレン・ホンダとして最後の日本GPになりました。 アロンソ11位、バンドーン14位でノーポイントに終わりました。 結論から言うと、ポイントを取るだけの速さはあった。 鈴鹿はパワー寄与度が高いのでマクラーレンは不利だと言われてい…

F1 ルイス・ハミルトンの2017年ワールドチャンピオンが濃厚に。ベッテルがスパークプラグのトラブル

F1

F1日本GPの決勝が行われ、ルイス・ハミルトンが優勝。 セバスチャン・ベッテルはスパークプラグのトラブルでリタイア。 これでルイス・ハミルトンがポイントで大量リードし、今シーズンのチャンピオンシップ獲得を確実にしました。 ハミルトンは終盤までフェ…

ジョリオン・パーマー 日本GPでF1とお別れ。サインツと交替

F1

ルノーのジョリオン・パーマーですが、鈴鹿が最後のF1になりそうです。 www.renaultsport.com www.autosport.com ルノーはパーマーが日本GPでチームを離脱することを発表しました。 後任はカルロス・サインツJr。 そうなるとトロロッソの椅子が1つ空きます…

F1 いよいよ日本グランプリ!

F1

日本グランプリがいよいよ開幕です。 各ドライバーはマレーシアGP後すぐに日本にやってきて色々満喫しているようです。 www.instagram.com グロージャンに偶然出会ったので記念写真撮ってみた pic.twitter.com/lTsKTaKS09 — Satoshi Motoyama (@SatoshiMotoy…

2017 マレーシアGP予選 ストレート最高速比較・スピードトラップ

F1

マレーシアGPの予選時のスピードトラップの比較です。 スピードトラップは最終コーナー前にあります。 ドライバー チーム エンジン 最高速 ドライバー チーム パワーユニット 速度 ハミルトン メルセデス メルセデス 327.1 km/h ストロール ウィリアムズ メ…

F1 2017マレーシアGP ベッテル 予選最下位・・・ハミルトンのチャンピオンはほぼ決まりか?

F1

F1 マレーシアグランプリ予選。 フェラーリセバスチャン・ベッテルは予選直前にエンジンを交換。 しかし、予選Q1で電気系トラブルが発生。 Q1でタイムアタックができず最下位に。 チャンピオン争いでハミルトンにリードを許してしまったベッテルがまさかの最…

2018年のF1ドライバーラインナップ

F1

確定。 メルセデスAMG ルイス・ハミルトン バルテリ・ボッタス フェラーリ セバスチャン・ベッテル キミ・ライコネン アストンマーチン・レッドブル・タグホイヤー ダニエル・リカルド マックスフェルスタッペン フォース・インディア・メルセデス セルジオ…

マクラーレンを地の底に陥れたホンダの罪

F1

2015年、2016年、2017年と嫌がらせのようなエンジンを作ってきたホンダF1。 「GP2エンジン!」というアロンソの言葉が印象的だ。 トップチームであるマクラーレンがポイントを取れないどこか完走すらできないという最悪の状態にまで落ちてしまった。 マクラ…

ピエール・ガスリー、マレーシアGPでF1デビュー決定!クビアトと交替

日本のスーパーフォーミュラに無限ホンダから参戦しているフランス人のピエール・ガスリー選手が、マレーシアGPでトロロッソからF1デビューすることが決まりました。 ガスリーはスーパーフォーミュラで今シーズン2勝、3戦連続表彰台で現在ポイントランキン…

来年ルノー入りするカルロス・サインツの強さ

F1

シンガポールGPでカルロス・サインツJrが4位フィニッシュしました。 これにより彼はランキング9位です。 トロロッソの車は総合的にはお世辞にも強いとは言えませんが、なんとかポイントを取れるくらいの速さはあります。そんな中、サインツは今季14戦中9戦…

シンガポールGP あまりにももったいないミスをしたベッテル、フェラーリ

F1

シンガポールGP決勝。 スタートでベッテル、フェルスタッペン、ライコネンが3ワイドになり、ベッテルがイン側に寄せたためフェルスタッペンが行き場所を失いライコネンと接触。 ベッテルはこれを切り抜けたかに見えましたが2コーナーの先でスピン。 A rare…

2017 シンガポールGP 予選時スピードトラップ比較

F1

シンガポールGPの予選におけるスピードトラップ。 計測地点はホームストレート。 ハミルトン メルセデス 308.3 km/h ベッテル フェラーリ 308.0 km/h オコン フォース・インディア 307.7 km/h ストロール ウィリアムズ 307.0 km/h グロージャン ハース 303.8…

F1 シンガポールGP ベッテルがポールポジション。レッドブルが2・3番手

F1

シンガポールGP、パワーユニットの差がでにくい低速で特殊な市街地サーキット。 下馬評ではレッドブルがかなり速いと予想されていましたが、ベッテルが圧巻のアタックでポールポジションを獲得しました。 2番手3番手にはレッドブルの3台が並びました。 一…

F1 マクラーレンとホンダの離別が正式発表。2018年はルノーエンジンに

F1

マクラーレンが2018年からルノーパワーユニットを使用することが正式に発表されました。 ホンダは2018年からトロロッソにパワーユニットを供給します。 また、カルロス・サインツJrが2018年からルノーチームに移籍することも決定しました。 www.formula1.com…