Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

レッドブルが2019年残り4戦で優勝できる確率は1%以下

メキシコ、アメリカ、ブラジル、アブダビレッドブルが優勝できる確率は1%にも満たない。

 

フェルスタッペンも表彰台が目標だと言っているように、今のレッドブルの戦力では優勝はほぼ不可能です。

 

まず予選は圧倒的にフェラーリが速い。

予選時のフェラーリの「ジェットモード」は、ホンダの予選モードよりも50馬力はパワーが出ているように思えます。

ということで直線だけで0.5秒くらい離されるので無理。

上記4サーキットは全て長めの直線があります。

 

そしてコーナリングではメルセデスが速い。

残念ながらレッドブルメルセデスほどのコーナリング性能はない。

また、タイヤに優しいかという観点でもメルセデスが上。

もちろんパワーユニットの性能でもメルセデスが上。

全ての点でメルセデスレッドブルの上位互換です。

 

シンガポールレッドブルが上にこれなかったこと、ロシアのセクター3でレッドブルフェラーリに負けたこと、そして鈴鹿フェラーリから1秒近く離されたこと。

様々なことを考慮してもレッドブルが勝てる確率は1%以下だと思われます。

 

というかレッドブルももう来年の車の開発へシフトしてるでしょう。

「あわよくば表彰台」

そしてアルボンがフェルスタッペン相手にどこまでやれるのか。

そんなところを注目したほうが良いですね。

 

おそらく残り4戦は、予選ではフェラーリが相変わらず速いと思いますが、決勝でどこまで順位を守りきれるかというレースが続くと思います。

例年はメルセデスレッドブルが終盤で良い勝負していましたが、今年は予選のフェラーリ・決勝のメルセデスという感じの幕引きになりそうです。

これがF1に乗るということ。山本尚貴はFP1の結果には満足せず

F1の公式Twitter山本尚貴選手の簡単なインタビューが載りました。

 

 

インタビューの内容を要約すると

 

バクストン「クビアトからわずか0.098秒差で信じられないほど印象を残したけど、その後チームはどんな感じだったの?」

山本「僕は満足してないです。クビアトはミディアムタイヤで出したタイムで、自分はソフトタイムで出したタイムだったので」

 

こんな感じの事を話してますね。

 

注目度が桁違い

山本選手はF1のフリー走行1回目で出走しました。

これは大きな一歩ではあるのですが、ある意味小さな一歩でもあります。

しかし、FP1で走っただけでもこうやってF1の公式Twitterに動画が載ったり、たくさんのインタビューを受けたり、これまでとは比較にならないレベルで注目されることになります。海外のF1関係者は「Naoki Yamamoto」を覚えたでしょうからね。

世界選手権で4輪の最高峰であるフォーミュラ1の公式セッションで出走するというのはそれだけ大きなことです。

 

だからこそ日本人F1ドライバーの誕生は必須。

 

若いドライバーは道を切り拓いてほしいです。

個人的には山本選手はSFやGTがない時はF1チームに帯同してほしいですね。リザーブとして。メルセデスのオコンみたいに。

 

F1 2019 - PS4

F1 2019 - PS4

 

 

F1日本GP フェルスタッペンと接触したルクレールにペナルティ。裁定は・・・

F1日本GP、決勝のスタート直後に2コーナーでフェルスタッペンと接触したシャルル・ルクレールにペナルティが出ました。

 

ルクレール

フェルスタッペンとの接触で5秒加算

さらに、フロントウィングが破損した状態で走行したため10秒加算

合計15秒のペナルティを受けました。

 

フェルスタッペンとの接触ですが、これについてはルクレールはフェルスタッペンが左側にいるのがはっきり見えなかったが、アンダーステアが出るライン取りだったということは想定できるとのことで、「避けることのできるアクシデント」としてペナルティが付与されました。

 

ちなみにこの件がレース後審議になったのは、最初は「お咎めなし」という裁定だったのが、レッドブルが抗議したことで審議が復活したためです。

この時ルクレール接触と危険走行という2種類の審議を受けていました。

 

正直、フェルスタッペンとルクレール接触は、今のF1のレギュレーション的にはペナルティが出るようなものではありません。

今のF1ではなるべくバトルができるように、悪質でない接触にはペナルティは出ません。

アルボンとノリスの接触がお咎めなしだったのはまさにその方針です。

 

ルクレールアンダーステアが出てしまったので外側にはらんでしまっただけですが、アンダーステアが出ることを想定できたのではないか?という観点で最終的に5秒という軽めのペナルティになったわけですね。

 

どちらかというと、フロントウィングが壊れたまま走ってたことの方が危険。

 

www.youtube.com