フジテレビNEXT VS DAZN F1 どっちが良い?

F1の中継を日本でやっているのはフジテレビNEXTDAZNの2社となります。

テレビ放送はフジテレビNEXTのみ。

DAZNはネット配信のみです。

 

4月から両方に加入して半年間内容を比べました。

 

結論から言えば、実況・解説の内容は圧倒的にフジテレビNEXTの勝ちです。

 

フジテレビNEXT

良い点

  • 知識が豊富な解説陣(川井氏、米屋氏、津川氏など)
  • 現地から解説することがある
  • 川井氏がF1チームや関係者から直接情報を入手できる
  • TVなのでラグが小さい
  • 副音声がある(サーキットノイズ)
  • 専門の同時通訳がいる
  • 事前のインタビュー映像に日本語字幕がある
  • 録画ができる
  • 昔のレースの再放送がある
  • F1 GPニュースで細かな分析を教えてくれる
  • NEXTsmartならネットでも見られる
  • 2人あるいは3人がかりでの解説+アナウンサーという布陣
  • 契約次第では4K画質も可能

 

悪い点

  • 好きな時に見られない
  • 時々チーム無線を翻訳し損ねることがある
  • F1初心者向けの解説は無い
  • F2やその他のモータースポーツは放送されない
  • 天候によってはCS放送の映像が乱れる

 

DAZN

良い点

  • 他のスポーツ中継も見られるのでコストパフォーマンスが高い 
  • F2やF3が見られる
  • 放送後一定期間は好きな時に視聴可能
  • 中野信治氏の解説が聴ける
  • サッシャ氏の同時通訳が優れている
  • 小倉茂徳氏の豆知識が聴ける
  • F1ゾーンと呼ばれる配信ではオンボードやライブタイミングも同時に見られる
  • スマホやゲーム機での視聴にもしっかり対応

 

悪い点

  • ネット配信なので10秒以上のタイムラグがある
  • 解説者が基本1人しかいない
  • 時折トンチンカンな解説をすることがある
  • フリー走行では実況アナウンサーがいない事もある
  • 画質はCSほど良くない

 

 

DAZN最大の弱点は解説者の知識量です。2019年のロシアGPでベッテルにトラブルが出た際、無線を聴いてフジテレビNEXTの川井氏は「MGU-Kのトラブルだ」とすぐに解説しました。

しかし、DAZNの解説陣は何が起きたのか最後まで全くわからず。トラブルということだけ伝えました。

 

2021年アゼルバイジャンGPでは、メルセデスの特殊なブレーキバランス操作を意味する「マジック」について、フジテレビの解説陣は理解していましたが、DAZNの解説陣はわかっていませんでした。

 

また、川井一仁氏はピットストップしたらどこに出るのかをすぐ計算してくれますので戦略面でもわかりやすかったりします。

 

DAZNは国際映像に映ったことのみを解説する感じですが、フジテレビNEXTは映像には映っていない事の解説もしてくれたりするのが強みです。

 

「どうしてもF2やF3のレースも見たい!」という人以外はフジテレビNEXTをおすすめします。

ただし、サッカーや野球も見ているという人はDAZNでF1も見ればお得だと思います。

DAZN

An arrow can only be shot by pulling it backwards