読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 F1 バーレーンGP 予選 スピードトラップ最高速比較

2017年第3戦バーレーン・グランプリの予選、スピードトラップ最高速です。

スピードトラップはホームストレートエンドにあります。

 

ウィリアムズ(メルセデス) 333.3 km/h

メルセデス 331.0 km/h

フェラーリ 330.5 km/h

フォース・インディアメルセデス) 330.3 km/h

ルノー 329.9 km/h

ハース(フェラーリ) 329.4 km/h

ザウバーフェラーリ) 329.1 km/h

レッドブルルノー) 324.7km/h

トロロッソルノー) 324.4 km/h

マクラーレン(ホンダ) 321.5 km/h 

 ※()内はパワーユニットメーカー

 

最高速ではメルセデスフェラーリが拮抗しています。

今回ヒュルケンベルグが7番手タイムで健闘したルノーもかなりの最高速が出ています。

しかし、トロロッソレッドブルが下方に沈んでいるので、まだルノーPUはフェラーリメルセデスほどではないという印象です。

今回フェラーリメルセデスに惨敗したわけですが、細かいデータを見ていくと、フィニッシュラインの通過スピードはメルセデスの方が2~3キロ速く、また、セクター2のストレートの計測でも3キロ以上メルセデスの方が速かったです。

PUの差もありますし、コーナーからのトラクションもメルセデスの方が若干良さそうに思えます。これが0.5秒もの差を生んでしまったのではないでしょうか。

今年はベタ踏みのコーナーが増えましたから、わずかの馬力の差がタイムに与える影響が大きいので、この最高速の差以上にタイムに表れています。

 

 

決勝レース時のスピードトラップ比較

セクター2の短いストレートではDRSが使えます。

さらにレース時はスリップストリームも得られるのですが、かなりの速度差が見られました。

 

決勝レース時セクター2のストレートの最高速

メルセデス・・・273.2 km/h

フェラーリ・・・269.5 km/h

レッドブル・・・268.1 km/h

ルノー・・・265.6 km/h

ザウバー・・・260.1 km/h 

マクラーレン・・・256.4 km/h

 

アロンソはバトルをしていてここでDRSを使っていました。

それにも関わらず、なんとルノー比較ですら10キロも遅い。

ホンダはセクター2の短いストレートでこれだけ遅いのです。

 

さらに

フィニッシュラインの最高速

メルセデス・・・298.9 km/h

フェラーリ・・・295.8 km/h

ルノー・・・295.3 km/h

ザウバー・・・292.7 km/h 

マクラーレン・・・285.8 km/h

 

メルセデスの驚異的な速さがわかるかと思います。

それと当時に、ホンダの驚異的な遅さもわかります。

 

上記のデータはDRSを使って、なおかつスリップストリームを得たスピードです。

しかも、これはストレートの真ん中あたりにあるフィニッシュラインです。

 

ということは、マクラーレンは後ろに他の車につかれて、DRSを使えない状況の場合、ストレートエンドでは30キロくらいの速度差になっているのではないか。

アロンソが嘆くのもうなずけます。