Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017年 F1 開幕戦 オーストラリアGP フリー走行の感想

2017年のF1開幕です。

 

金曜日のフリー走行を見ての感想ですが、

今年はハミルトンが速さをみせつけると思われます。

 

メルセデスが」ではなく「ハミルトンが」といったほうがいいかもしれません。

 

ボッタスが車やメルセデスのメカニックとのコミュニケーションに慣れていってマシン特性をモノにすればどうなるかわかりませんが、おそらくほとんどの予選でハミルトンがボッタスを上回るでしょう。

 

 

 

ロングランでもメルセデスフェラーリ 

オーストラリアGPのロングランペースですが、ウルトラソフトでハミルトンは1分28秒フラット程度、フェラーリは1分28秒中盤程度で周回できる感じです。

 

そう考えると、フェラーリはスタートでハミルトンの前に出ないと厳しいかもしれません。

 

レッドブルはちょっとオーストラリアでは頑張っても4位かなという印象です。

セクター3は非常に速いのですが・・・

 

セクター2直後のハイスピードコーナーは見ごたえがあります。ハミルトンはとてつもないスピードで高速コーナーを抜けていました。 

 

1ラップのアタックではタイムが示すようにメルセデスのハミルトンが非常に速い。フェラーリより0.5秒速い。

 

トラブルがない限りは7割~8割くらいの確率でハミルトンが勝ちそうです。

 

レッドブルメルセデスフェラーリに続く感じで、3強なのは間違いありませんが、優勝からは遠いです。

 

混戦の中段グループ

ポイント争いはウィリアムズ、トロロッソフォース・インディア、ハース、ルノーで接戦となりそうです。

普通にいけばウィリアムズが7位とか8位くらいにはくるでしょう。

 

今年は、車のポテンシャルが近いチーム間では、昨年よりもドライバーの実力で差が出そうな印象です。

例えば、ルノーヒュルケンベルグとパーマー、ウィリアムズのマッサとストロールあたりの差を見ると面白そうです。

 

個人的にはトロロッソの速さはサプライズでした。

ハースも悪くありませんが、グロージャンが飛び出しまくってました。

 

ルノーは信頼性に若干不安が残っているものの、速さはそこそこありそうです。しかし、ギリギリポイント狙えるかどうかという感じで、フォース・インディアの方がルノーより早そうな印象でした。

 

マクラーレンは大きなトラブルはありませんでしたが、明らかにパワーがない感じなのと、シフトアップの時に変な音がしていたのと、コーナリングが安定していない感じで、おそらくQ1突破も無理そうですが、冬のテストを考えれば完走できればまだマシかもしれません。