Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2018 F1スペインGP予選 ストレートスピード最高速比較

.

チーム ドライバー パワーユニット スピードトラップ速度 フィニッシュライン速度
 フォース・インディア  オコン  メルセデス  324.7 km/h   294.7 km/h 
 フェラーリ  ベッテル  フェラーリ  323.5 km/h   293.4 km/h 
 メルセデス  ハミルトン  メルセデス  322.5 km/h  291.1 km/h
 ハース  マグヌッセン  フェラーリ  321.0 km/h  291.1 km/h
 ウィリアムズ  シロトキン  メルセデス  322.0 km/h  289.3 km/h
 ザウバー  ルクレール  フェラーリ  320.1 km/h  289.2 km/h
 レッドブル  フェルスタッペン  ルノー  318.2 km/h   287.1 km/h 
 マクラーレン  アロンソ  ルノー  313.8 km/h  287.0 km/h
 トロロッソ  ガスリー  ホンダ  321.1 km/h  286.2 km/h
 ルノー  サインツ  ルノー  314.6 km/h  285.1 km/h

 

スペインGP予選のスピードトラップは上記のようになりました。

 

フィニッシュラインとスピードトラップの差が大きいほど、ダウンフォースが少ないということになります。

パワーユニットの性能に関してはフィニッシュラインを見たほうが正確かと思います。

 

フェラーリメルセデスが互角の速さを見せています。

最高速でも中間加速でもかなり近い。

ハースはあれだけ速かったのが納得のスピードです。

一方でルノーとホンダは下位に沈んでいます。

トロロッソ・ホンダは中間加速は遅いですが最高速はそこそこ。ただ、これはサーキット全体を見るとPUの力不足を感じる値。バクーほどではないですが。

この数字だけを見るとわかりづらいですが、レースでザウバーをなかなかオーバーテイクできなかったマクラーレンが、トロロッソはあっさりオーバーテイクしてましたから、馬力の差は歴然なわけですね。

 

次はモナコなのでエンジンに優しいサーキットですが、その次のカナダGPは思いっきりパワーの差が出てしまうサーキットなので、ルノーのアップデートに期待したいところです。