Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

ハミルトン 鈴鹿のコースレコード更新 1分27秒319

日本GPの予選が行われ、ルイス・ハミルトンが1分27秒319という驚異的なタイムでポールポジションを獲得しました。

2006年のミハエル・シューマッハが出した1分28秒954を1秒以上更新しました。

 

今シーズンの車は重量も重く、さすがに2006年の車ほどのダウンフォースはありませんが、当時は溝のあるタイヤだった事もあり、幅広でスリック、さらにスーパーソフトという組み合わせ、そして1000馬力近いメルセデスパワーユニットによってこの27秒台が叩き出されたというわけです。

 

フェラーリメルセデスに圧倒された形で、27秒台こそ出したものの、手が届かないという感じでした。

フェラーリの車は中低速では速いですが、鈴鹿シルバーストーンのようなハイスピードコーナーの多いサーキットではメルセデスの方がパワーでもコーナリングでも上回るという感じです。

 

 

おそらくレースでもメルセデスが有利でしょう。

ライコネンはグリッド降格のため、ベッテルはかなり厳しいレースになると予想されます。