Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

メルセデスのパワーユニットは2014年より100馬力の性能向上

メルセデスがテストベンチ上で50%超えの熱効率を達成したようです。

 

メルセデスが2014年に使っていたパワーユニットよりも、同じ量の燃料で109馬力の出力向上を達成しているとのこと。

 

ICEの燃焼効率とMGU-Hのハーベストがとてつもないレベルにあるようです。

 

jp.motorsport.com

 

まだ実戦投入されていないものの、メルセデスがいかに優れているかが証明された形となります。

 

トヨタもハイブリッドの分野でメルセデスに遅れを取っている感じですが、そろそろF1に戻ってみてはどうだろうか。