Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

ホンダF1 パワーユニットのアップデートが間に合わず今季絶望的に

ホンダはパワーユニットのアップデートを2017年の6月頃までに導入すると以前に発言していましたが、これが間に合わなかったことが判明しました。

 

そしてこのことにマクラーレン側も「そろそろ限界だ」として苛立ちをつのらせています。

 

www.skysports.com

 

 

現在のホンダのパワーユニットは、2016年よりも劣る馬力のなさで、マクラーレン・ホンダは全車の中で総合的に最も遅い車になっています。

 

今後、カナダ、バクー、シルバーストーンと高速サーキットが続くため、パワーは必要不可欠なものになります。

 

しかしホンダはパワーユニットのアップデート開発にまたしても失敗し、導入を見送ることになりました。

 

したがって、上記の3つのグランプリでは間違いなく下位に沈むことでしょう。

大雨でも降らない限りポイントは絶対に取れないはずです。

 

さすがにこれにはマクラーレンも怒り心頭なようで、アロンソの残留もかなり厳しくなってきたはずです。

 

マクラーレンも来年違うメーカーのエンジンを搭載する可能性もさらに高まりました

 

 

アロンソ、今年の残りはインディカーにでも参戦したらどうでしょうか?シーズン途中ですけど、そのほうが楽しめるのでは?

 

アロンソは記者会見で「9月になっても競争力がなければマクラーレンを去る」と発言しました。

 

これは実質的には今年でマクラーレンを去ると言う発言と捉えても良いでしょう。

「F1に魔法はない」という言葉が示す通りです。急に速くなる事はF1にはありません。シーズン通して徐々に速くなるのですが、同時に他のチームも改善されていきますので。

 

もし来年メルセデスエンジン or ルノーエンジンをマクラーレンが使うとなれば、アロンソは残るかもしれません。

 

 既にルノーもハースも14ポイント取っていますので、マクラーレン・ホンダの2017年はおそらくランキング9位か最下位に留まりそうな予感です。

 

本当に「GP2エンジン」と言われてもおかしくない馬力のなさ。

しかも開幕から3ヶ月経ってもまだ解決できない数々の問題。

信頼性の低さ。

 

いくらマクラーレンがホンダ側から資金提供を受けているとはいえ、下位に甘んじるチームではないですから、来年はパワーユニットメーカーを変えるべきだと思います。

ブルース・マクラーレンの名誉のためにもね。

 

普通ならどう考えてもホンダと手を切るでしょう。3年間もまともに戦えないのですから。3ヶ月かけても直近の問題すら解決できないような会社です。

しかし、資金援助というメリットがあるためなかなか踏ん切りがつかない。

ある意味、マクラーレン側が試されているのかも。