Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 インディ500 予選2日目 ディクソンが圧巻のポールポジション。琢磨は4番手

2017年のインディアナポリス500マイルレースの予選2日目が行われ、チップガナッシのスコット・ディクソンが平均232.164mphという圧倒的な走りでポールポジションを獲得しました。

 

2番手のカーペンターは231.664マイルでした。

 

3番手は16年勝者のアレクサンダー・ロッシで231.487マイル。

 

琢磨は壁に軽くタッチしてしまい、やや残念なアテンプトだったものの平均231.365マイルで4番手。(日本人予選最高位

 

フェルナンド・アロンソは5番手でした。

 

 

ということでファストナインの決勝の並びは

 

1ディクソン 2カーペンター 3ロッシ

4琢磨  5アロンソ  6JR

7カナーン  8マルコ  9パワー

です。

 

決勝の3列目まで

f:id:bettergear:20170522070131j:plain

 

 

ディクソンは他を一切寄せ付けない、3周目まで232マイル超えという驚異的な走りでした。

アロンソオーバーステア気味で1周目が悪かった

琢磨もオーバーステアっぽかったのと壁に軽くタッチしておそらく1マイルは失ってる。33台中4番手と考えれば良い結果なのですが、ウォールタッチがなければフロントローだったと思います。

 

オルドネスがツイートしてた画像を拝借して・・・。

琢磨がウォールに軽くタッチした瞬間。

f:id:bettergear:20170522072952j:plain

 

 

アンドレッティ勢は3位ー5位を占めたので、上手く行けばチームで引っ張り合うみたいなことも可能かもしれませんが、とりあえず序盤はディクソンについてくことを考えるでしょうね、決勝は100周超えるまでは皆自重するでしょう。

 

社長ことカーペンターのラップは悪くなかったですが、ディクソンほどではなかったです。

 

全体を見るとホンダ勢がシボレー勢に対して優勢ではあるものの、カーペンターが2番手なので大きな差はないように思います。

 

決勝レースは5月28日に開催されます。

 

ちなみに、土曜にクラッシュしたブルデーですが、代わりにジェームズ・デビッドソンが走るようです。

インディ500は車でエントリーするので、車が同じなら誰が乗っても良かったりします。