Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 F1 スペインGP 予選のストレートスピードトラップ比較

F1スペイングランプリの最高速比較です。 

 

フェラーリ 326.5 km/h

フォース・インディア(M) 325.7 km/h

ウィリアムズ(M) 325.0 km/h

ハース(F) 323.4 km/h

レッドブル(R) 323.0 km/h

メルセデス 322.7 km/h

ルノー 319.0 km/h

トロロッソ(R) 318.4 km/h

ザウバー(F) 318.4 km/h

マクラーレン(H) 314.1 km/h

 

()内はエンジンメーカー

 

今年の車はドラッグが増えたために、昨年より10キロほど遅くなっています。

フェラーリのパワーユニットが非常に良い事がこの結果からも窺えます。

また、メルセデスが控えめなストレートスピードなので、新しいエアロパッケージと今回のセットアップはダウンフォース多めなのではないでしょうか?

レッドブルはドラッグが少なく、トロロッソはドラッグが大きいというのが、同じパワーユニットの両者の速度差でも見えてきます。

ホンダは50馬力~100馬力劣っていると言われていますが、それを象徴する遅さです。セクター1だけで他の中段チームより0.4秒も遅いのですが、セクター2やセクター3で取り返してQ3進出を決めたアロンソでした。

ルノーはパワーユニットのアップデートを遅らせたようですが、新しいアップデートが待ち望まれるところです。