Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 F1 スペインGP 予選。ハミルトンが0.05秒差でベッテルを下してポール。アロンソは奇跡の7番手

スペイングランプリの予選が行われました。

 

ポールポジションルイス・ハミルトン

フロントローセバスチャン・ベッテル

3番手4番手にそれぞれボッタスとライコネン

となりました。

 

 

Q3の2回目のアテンプトではセクター1と2でフェラーリメルセデスを上回りましたが、セクター3のターン14でベッテルが痛恨のミス。

100分の5秒という差が生まれました。

 

 

 

そしてマクラーレンアロンソは奇跡とも言えるQ2突破&7番手。

高速区間のセクター1は全車の中で1番遅いといってもいいマクラーレンですが、アロンソはセクター2と3で限界まで攻めてフォース・インディアやウィリアムズを上回る驚異的な走りをしました。

バンドーンが19番手だったことを考えるといかにアロンソが凄かったかわかります・・・。

モナコハンガリーほどではないですが、スペインはそこまでパワーセンシティブなサーキットではないというのもあります。

いずれにせよ、ホンダはこのアロンソの走りを受けて早いところあと50馬力足してあげてほしいものです。

 

アロンソオンボードですが、YouTubeで直接見てください。貼り付けのプレーヤーだと再生できないので。

www.youtube.com

 

 

そして今回、アップデートを大して持ち込んでいないザウバーのウェーレインが15番手だったのも忘れてはいけないでしょう。

 

レッドブルはトップ2チームとの差を詰めてきましたが、ここがパワー重視のサーキットではないということもあるのでしょう。また、サーキットの短さも考えるとやはりまだ背中が見えている程度の位置。

 

フェラーリVSメルセデスは本当にがっぷり四つで、Q3は高揚感が凄かったです。