読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

海外レース・国際レースで活躍する日本人ドライバー一覧

日本国外のレースに参戦している日本人のレーサーを紹介します。

 

 

フォーミュラ 2 (GP2)

ART Grand Prix

松下信治

 

 F2(GP2)はF1直下のカテゴリで、F1のサポートレースとして開催されることも多く、最もF1に近いチャンピオンシップです。

ルイス・ハミルトンニコ・ロズベルグティモ・グロックロマン・グロージャンセルジオ・ペレス小林可夢偉、ストフェル・バンドーンなどF1にステップアップしたドライバーも多く、チャンピオンシップ1~3位までにはスーパーライセンスのポイントが40点も与えられます。つまり3位以内でシーズンを終えればF1のスーパーライセンスが取れるというわけです。

 

 

GP3

ART Grand Prix

福住仁嶺

 

F2のさらに下のカテゴリGP3です。F3よりは上です。F2同様にF1のサポートレースとして開催されます。過去のチャンピオンにはグティエレス、ボッタス、クビアト、オコンなどがいます。ここで上位の成績を納めればF2への道が拓けることでしょう。

 

 

ヨーロピアンF3

Hitech GP

牧野任祐

 

Motopark

佐藤万璃音

 

レーシングドライバーの登竜門であるF3のヨーロッパ選手権です。

ヨーロッパで行われているだけに各国の優秀なジュニアドライバーが集います。

かつてはユーロF3と呼ばれていました。

F1、F2、WEC、インディなど、国際レースで活躍している多くのドライバーがヨーロピアンF3出身だったりします。

 

 

フォーミュラ 3.5 V8

RP Motorsport

金丸悠

 

もともとフォーミュラ・ルノーと呼ばれていたシリーズですが、ルノーエンジンではなくなりました。 3.5リッターV8エンジンということで、非常に迫力のあるエンジン音が魅力です。

ロバート・クビサケビン・マグヌッセンカルロス・サインツJr、ストフェルバンドーン、ダニエル・リカルドセバスチャン・ベッテルも参戦していたジュニアカテゴリです。

 

 

WEC(世界耐久選手権

Toyota Gazoo Racing

中嶋一貴

小林可夢偉

国本雄資

 

Clearwater Racing

澤圭太

 

ル・マン24時間レース」を含む、耐久の世界選手権です。1レースが基本的に6時間と長丁場です。

4つのクラスが混走する選手権で、LMP1Hクラスはトヨタとポルシェが開発競争にしのぎを削ります。

 

 

WTCC(世界ツーリングカー選手権)

Honda Racing Team JAS

道上龍

 

市販のツーリングカーを改造した車で戦う世界選手権。

他の車に軽くぶつけてもペナルティにならないということで喧嘩レースと呼ばれています。現在はボルボ対ホンダというワークスチームの戦いになっています。

 

 

インディカー

Andretti Autosport

佐藤琢磨

 

世界三大レースの一つ「インディアナポリス500マイルレース」が開催されるインディカー・シリーズには、元F1ドライバー佐藤琢磨が参戦しています。

楕円形のオーバルコースで開催されるレースがいくつもあるのが特徴。

ほとんどのグランプリがアメリカで開催される。

インディカーのエンジンはシボレーとホンダの2種類です。

  

 

ブランパンGT

Kornely Motorsport

森善治

 

 

Team RJN NISSAN

千代勝正

 

  

 ヨーロッパで行われているGT3のレース。

ポルシェ、アウディ、日産、メルセデスフェラーリベントレーアストンマーチンなどのGTカーが勢揃いです。

日産がYouTubeで生中継放送をしてくれています。

 

 

応援してあげてください。