Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 第8戦 ヨーロッパGP 予選 感想。ハミルトンまさかの・・・

アゼルバイジャン、バクー市街地サーキット。

予選は波乱が起きました。

 

ハミルトンがQ2からどうも不調。タイムは出るけどコースアウトしたり。

そしてQ3・・・

ハミルトンがなんとクラッシュ。タイムも出しておらず10番手。

 

そんな中、ロズベルグは順当にトップタイム。

そしてメルセデスパワーユニットを活かしてフォース・インディアのペレスがなんと2番手。

しかし、ペレスはフリー走行でギアボックスを交換しているためペナルティで5グリッド降格。

 

3番手はまさかのレッドブル、リカルド。

レッドブルは明らかにパワー不足で、かなり薄いリアウィングでダウンフォースを削ってましたが、そんなハンデも振り払って3番手。

 

さらに、なんとベッテルがリカルドと同タイム!

同タイムだけどリカルドの方が先にタイムを出したので4番手・・・。

 

フリー走行では苦戦しているような印象もあったフェラーリですが、まずまずの位置に。

一方、メルセデスパワーユニットを積んでいるのに歯車が噛み合わなかったのがウィリアムズ。

ボッタスはQ3でまともにタイムアタックできず。本来ならフェラーリ並の速さはあったはず。

 

 

 

パワーの差がはっきり出たバクー市街地コース

フォース・インディアが2番手タイム、レッドブルフェラーリを0.5秒引き離しており、このコースにおけるパワーの重要性が顕著に出ました。

レッドブルは実質コーナーが1個しかないセクター3だけで0.5秒も失っています。

マクラーレンなんかは1秒くらいセクター3だけで遅いんじゃないかというほどパワーがないですね。

 

いずれにせよ、メルセデスはパワーもあるしトラクションも良いしコーナリングスピードも速いし、総合力で圧倒した形でした。

 

レースはメルセデスはトラブルが出なければ確実に勝ちそうですが、

フォース・インディアやウィリアムズは上にあがってきそうな予感がします。

何しろ燃費に厳しい上にストレートが長いですから、メルセデスパワーユニットは有利です。

 

引っ掛かってタイムが出なかったとは言え、マノーの2台にバトンが負けましたし、アロンソも14番手に沈んでいることからも、いかにホンダのパワーユニットに力がないかというのを反映しています。

レースではさらに厳しくなるでしょう。

 

GP2のレースではクラッシュが多発し、セーフティカーが何度も出動してました。

F1ではさすがにそこまで酷くはないでしょうけど、エスケープゾーンが全然ないですから、荒れる可能性はありますね。