読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 ヨーロッパGP フリー走行 感想

一言で言うなら、メルセデス速すぎ。

いや、メルセデスパワーユニット圧倒的。

 

初開催となるアゼルバイジャン、バクーの市街地サーキットです。

超高速の市街地サーキット。

 

ウィリアムズは350km/hオーバーだそうで。

 

狭いところもあってコーナーによっては難しそうですが、何しろホームストレートが長い長い。

そして典型的なストップ&ゴー。

 

フリー走行の序盤からメルセデス2台がめちゃくちゃ速かったです。

メルセデスパワーユニットを積んでいるだけあってウィリアムズも速かったですが、メルセデスには及ばず。

 

フェラーリはなんかタイヤで苦労してるんですかね・・・。全然タイムが伸びず。 

 

また、さすがにこれだけストレートが長いとアップグレードしたルノーパワーユニットも辛い。

レッドブルフォース・インディアにすら勝てるのか微妙な位置です。

 

フリー走行では、ロズベルグにトラブル発生。

ベッテルにも発生。

アロンソもなんかギアがスタックしてました。

リカルドはFP1で横からクラッシュしてました。

 

ハミルトン完全に有利な流れです。

 

フェラーリレッドブルは土曜で挽回できるのか・・・。

 

ロングランペースはメルセデスが速く、ウィリアムズとフェラーリが続く感じですね。