読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

スーパーフォーミュラ 第5戦オートポリス

スーパーフォーミュラも後半戦。

ここ数戦、石浦宏明選手が驚異的な速さを見せており、今回もポールポジションを獲得。

 

しかしスタートで中嶋一貴選手と小林可夢偉選手が前に出るという展開に。

 

この3人が他を引き離しトップ争いをしていたのですが、小林可夢偉選手だけ燃料を軽めにいれており早めのピットイン。

他の2人はタイヤのデグラデーションも少なく、レース後半までピットなし。

 

可夢偉選手はロッテラーに捕まりタイムロス。

一貴VS石浦という展開に。

ピットストップは両者同時でしたが、一貴がタイヤ交換なし、石浦はフロントタイヤのみ交換。

 

オートポリスはストレートも短いのでオーバーテイクをしかけても前に出られず。

結局中嶋一貴選手が今シーズン初優勝。

2位に石浦選手、3位に可夢偉選手。

 

ポイントランキングは

石浦宏明 32

JPオリベイラ 25

中嶋一貴 24

Aロッテラー20

となりました。

残り2戦ですが、石浦がノーポイントだったりするとJPや一貴にもチャンスがあるのでまだわからないですね。

それにしても、中嶋一貴選手は怪我で1戦出場してないのに3位にいるのは凄い。

 

今回もそうですが、どうもホンダ勢はスタートが悪いですね。

野尻選手や山本選手が上位にこないということを考えると、トヨタが優勢という感じか。