Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

インディカードライバーとしての岐路に立たされる佐藤琢磨

インディカー

佐藤琢磨ですが、過去4戦の平均順位が20位と低迷しまくりです。

デトロイトで3位になって以来、1桁順位でのフィニッシュがありません。

 

今シーズン、アラバマでは優勝し、インディ500では3位だった佐藤琢磨ですが、かなり窮地と言えるでしょう。

 

ポコノではスタート直後にクラッシュ。

しかも多重クラッシュの原因となったと言われています。

 

映像を見てみると、琢磨はアレクサンダー・ロッシをアウト側からオーバーテイクしたのですが、ロッシのイン側にはハンターレイがおり、ロッシを2人で挟むような3ワイドになっていました。

ロッシをオーバーテイクした直後、琢磨は微妙に左に寄っており、これによりロッシと接触しました。

ロッシはイン側にハンターレイがいたので逃げ場はなく接触

 

動きを見ると、琢磨はロッシのさらにインにハンターレイがいることに気づいていなかったのではないかと思われます。

 

完全に琢磨に非があるクラッシュではないものの、スタート直後にクラッシュは・・・。

 

前半の好調はどこへやらで、ここ数戦とも下位に沈んだりリタイアしている佐藤琢磨です。

 

昨年対比でもレースの粗さが目立つようになってきており、集中力に欠けている印象。

このままだとシートを失ってもおかしくない。

若手のドライバーがこういったクラッシュをするのはありがちですが、琢磨のようなベテランがこの手のミスをするのはチームも許容できないでしょう。

 

ちなみにチームメイトのレイホールは過去4戦、9位、8位、9位、9位という成績です。

これと比べると、琢磨の平均20位がいかに低いかわかります。

 

琢磨は年齢的にもレーシングドライバーとしては晩年です。

反射神経であったり、瞬時の判断という部分でも年齢はどうしようもない。

ちなみに社長と言われるエド・カーペンターですら琢磨より4歳若いです。

全日本F3 来年から「スーパーフォーミュラ ライツ」に名称変更

全日本F3の名称が来年から「スーパーフォーミュラライツ」になることが決まりました。

 

インディライツのようなものですね。

 

今までよりも、スーパーフォーミュラの下位カテゴリという印象が強くなりそうです。

 

 

 

【F1】ついに現実のものに。レッドブル アルボンとガスリーを交替

レッドブルが、ベルギーGPからアルボンをガスリーの代わりに起用すると発表しました。

 

redbullracing.redbull.com

 

クビアトではなくアルボン?と思う人もいるかもしれませんが、新人なのにクビアト並に速さがあるという点でかなり評価が高いようです。

 

果たしてアルボンはガスリーよりも良い成績を収められるのか。

注目せざるをえません。

 

半年でトップチーム入り・・・。

ますますラッセルが気の毒です。

 

筆者は少し前の記事でガスリーはピンチだと書きましたが、交替が現実のものになってしまいました。

 

ガスリーは開幕前から明らかにスランプに陥っており、レッドブルは様々な解決策を試みましたが、結局ハンガリーでもフェルスタッペンと大差になってしまいました。

 

なお、ガスリーはトロロッソに戻ります。

これでガスリーの真の実力が見えます。

クビアトよりも速ければ、ガスリーはやっぱり実力があったということ

 

クビアトよりも遅ければ・・・F1のシートを失うかもしれません。

 

 

bettergear.hatenadiary.jp