Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

世界を戦うレーシングドライバーによるGTSPORTのレースが凄すぎる!アロンソや可夢偉がバトル

トヨタのイベントで、WECのドライバー6人がグランツーリスモで戦いました。

フェルナンド・アロンソ中嶋一貴小林可夢偉セバスチャン・ブエミホセ・マリア・ロペス、マイク・コンウェイという豪華すぎる顔ぶれ。。

 

下の動画の後半でグランツーリスモでのバトルが見られます。

 

トヨタTS050で6人がバトルしたらという夢の企画。

 

 

 

 

ハミルトンの「This track is awesome」というレアな無線。日本GP鈴鹿

ルイス・ハミルトン鈴鹿フリー走行のときに「This track is awesome (このコース最高だな~)」と無線で言ってました。

 

鈴鹿の前のロシアとかシンガポールは、低速コーナーも多く、お世辞にもF1が気持ちよく走れるサーキットではありません。

やはりシルバーストーンやスパのように、流れるようにコーナリングし、ところどころ難しいけど上手く行った時ははっきりとそれがわかる。

そういったコースで走れる事が嬉しかったのではないでしょうか。

 

なかなかこんな無線は聞けませんから鈴鹿サーキットは今後もがんばってほしいですね。

まあ、オーバーテイクは難しいんですけどね...

 

グランツーリスモ 2018年のアジア・オセアニア地域のネイションズカップ優勝は国分選手

FIA公認のグランツーリスモ選手権。

アジア・オセアニア地域のネイションズカップの決勝が行われ、日本の国分選手が優勝しました。

今回、日本の2人の選手と香港の1人の選手が圧倒的に速かったようで。常にこの3人のバトルという感じになっていました。

 

タイヤのチョイス、ピットストップタイミング等の戦略も上手かったですし、ドライビングも超ハイレベルで見応えがありました。

バトルしてても他の車にぶつけないのが凄すぎですねw

 

www.youtube.com