Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

ハンガリー F1合同テスト クビサが復帰ドライブ。日本の松下も出走

ハンガリーで合同テストが行われました。

 

日本人F2ドライバーの松下信治ザウバーから出走しました。松下にとっては初めてのF1(ホンダの育成ドライバーだけどフェラーリエンジンの車)

 

また、ロバート・クビサが復帰後初公式テストへ参加。

 

その他にもジョージ・ラッセルやシャルル・ルクレール、ランド・ノリス、ルカ・ギオット、ピエール・ガスリー、など期待の新星が次々と顔を見せました。

 

 

 

 

松下は1分21秒998で最下位でした。

初日ザウバーから走ったグスタフ・マリヤが1分21秒503でした。

ただし、松下選手は本気のアタックラップはしていないようなのでこの程度といった感じでしょう。100周以上もの走行を重ねました。逆にマクラーレンのノリスはアタックラップをしていたようです。

日本人で2017年レギュレーションのハイダウンフォース&ハイブリッドF1をサーキットで走らせた事があるのは松下信治1人しかいないということですね。

 

 

 

 

テストプログラムが違うのでメルセデスレッドブルなんかはタイムを出すというよりは一定の速さで走行を続けるという感じでした。

 

レースではありませんがロバート・クビサのファンがかなりサーキットに来ていたようです。

そんなクビサもまずまずのタイムで4番手。いつでも復帰できるというのをアピールできたんじゃないかと思います。

 

フェラーリ2日目はベッテルライコネンという、新人を一切使わないガチ構成。

シーズン後半を本気で考えているのが窺えました。

 

2017 F1ハンガリーGP 予選 ストレートスピード比較

ハンガリーGPのスピードトラップの比較。

 

 

ボッタス メルセデス 311.5 km/h

トロール ウィリアムズ メルセデス 310.5 km/h

フェルスタッペン レッドブル ルノー 308.8 km/h

ベッテル フェラーリ 308.3 km/h

オコン フォース・インディア メルセデス 307.7 km/h

グロージャン ハース フェラーリ 307.2 km/h

サインツ トロロッソ ルノー 306.1 km/h

パーマー ルノー 303.2 km/h

ウェーレイン ザウバー フェラーリ 302.9 km/h

バンドーン マクラーレン・ホンダ 301.8 km/h

 

 

ハンガロリンクのストレートは非常に短いですが、それでもマクラーレンホンダは平均より5km/h以上遅いということで、エンジンパワーが100馬力近く足りないというのも頷ける感じです。トップからは10km/hも遅れてるというのは驚きです。

ザウバーもホンダをやめてフェラーリにして正解です。

それでもマクラーレンの車自体の良さでなんとかカバーして中段争いを制したという感じでした。もしフェラーリメルセデス並のエンジンが搭載されていれば、中段争いは頭一つ抜け出せたでしょう。

そう考えると残りのGPどうするんでしょうね・・・マクラーレン。もう今後実力でポイント取れそうなサーキットがないですが。

 

ここは最大ダウンフォースのセッティングですから、どのチームもトップスピードは全然出ません。

しかしセクター1だけ見ると、ストレート、さらに1コーナーからの短いストレート、そして2コーナーから4コーナーまでのほとんど全開の区間。その区間ではパワーの差がちょっと出ます。

 

モナコハンガリーのような低速サーキットはパワーの差がタイムに出にくいですが、それ以外のサーキットは基本的にパワーがないとタイムが出ません。

そういう意味ではルノーもかなり頑張っている気がします。

 

バクーではストレートだけでメルセデスにだいぶ引き離されたフェラーリですが、ここのようなサーキットではそういった差も小さいですからかなりチャンスがあります。そして1-2フィニッシュというベストなリザルトでした。

 

逆にレッドブルはせっかくのチャンスを棒に振ってしまったわけですね。

 

次のベルギー、イタリアではパワーユニットの馬力の差が如実にあらわれるのでベンチマークとしてかなり参考になるでしょう。

 

それでは良い夏休みを。

 

フォーミュラE 2016~2017 シーズンチャンピオンはルーカス・ディ・グラッシに

フォーミュラEの最終戦がカナダで開催され、ABTのルーカス・ディ・グラッシがシーズンチャンピオンに決定しました。

セバスチャン・ブエミはレース1で違反発覚もあったりなど、散々な週末で、チャンピオンシップは2位に終わりました。

 

今シーズンは実質的にはアウディVSルノーという感じではあったものの、マヒンドラレーシングのローゼンクヴィストが新星として目立っていた印象です。

ルノーのパワートレインを積んでいるテチータのベルニュなんかも速かったです。

 

ブエミは今シーズン6回も優勝。つまり半分はブエミが優勝していたわけですが、2度の失格に加えて、WECにトヨタから出場している関係でアメリカラウンドを欠場。

もしアメリカラウンドに出ていたらブエミがチャンピオンシップを取っていたかもしれません。

 

結果からすればフォーミュラEはF1のようにパワートレインがかなり左右するカテゴリと言わざるをえません。

もちろんセットアップの面でチーム力も重要ですが、パワートレインが強力でないと優勝は無理。だからこそBMWメルセデスが名乗りをあげてきたわけですね。

 

 

来シーズンはついにアウディが本格的に乗り込んできます。

アウディVSルノー、そして再来年にはBMWも参戦。

 日本のメーカーはまだ傍観を続けるのか?