読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 第8戦 ヨーロッパGP 決勝の感想。意外と静かだった。

F1

初めてアゼルバイジャンで行われたF1ヨーロッパGPです。

 

ハミルトンが予選でクラッシュし10番手スタートとなったことで、ニコ・ロズベルグが圧倒的な大差で優勝しました。

 

2位はベッテル

3位はペレス。

 

 

パワーユニットの差が出たレース

予選から既にそうでしたが、ストレートがめちゃくちゃ長く、燃費もかなり厳しいサーキットだけに、パワーユニットの性能差が出ました。

 

燃費的にもパワー的にも

メルセデスPU>フェラーリPU>ルノーPU>ホンダPU

 

その中でメルセデスロズベルグはスタートを決めてその後は1人だけ異次元の速さで周回。

ハミルトンはオーバーテイクを何度かしましたがウィリアムズを抜きあぐねてタイムを失い、5位が限界でした。

 

トップ10を見ても、メルセデスパワーユニット勢が6台入りました。

 

燃費という部分では明らかにメルセデスパワーユニット勢が有利で、レッドブルだったりルノーだったりマクラーレンなんかはストレートエンドのかなり手前でリフトアンドコーストをして燃料節約してました。フェラーリですら燃費的には厳しかったようで。

 

逆にウィリアムズはがっかりという印象なんじゃないでしょうかね。

こんなハイスピードサーキットでトップ5にも入れないというのは、戦略的な失敗だったのか、タイヤに苦しんだのか。

 

いずれにせよ、ペレスはかっこよすぎましたね。

ヒュルケンベルグが9位ってことを考えると3位は素晴らしいですし、予選でも2番手タイム。

ライコネンオーバーテイクしての3位。

本当に2番手からスタートしてたら2位もあった可能性がありますね。

 

 そういう意味ではベッテルが2位を獲得したのはフェラーリにとってはベストリザルトだったかもしれません。

 

「言えない」チームラジオ

今回ハミルトンが何度もチームラジオで「それは言えない」と言われてました。

レギュレーションでレース中にアドバイスをするのは禁止されていますから、パワーユニットのモードとかどれを選んだらいいのか迷ってたようです。

ハミルトンは本来なら2位でもおかしくなかったですが、ペレスにも全然追いつけませんでしたし、チームラジオの制限のルールが大きく響いてました。

 

予想外に静かなレース

GP2ではクラッシュしまくり接触しまくりセーフティカーレースでした。

GP2とは打って変わってF1では全くといっていいほどクラッシュがない比較的静かなレースでした。

やはり燃料の制限があって、燃費走行をしなければならない、タイヤのケアもしなければならない。加えてF1ドライバー、F1マシンだからというのもあるのかもしれません。

事前の予想ではセーフティカーが出るだろうと思われていましたが、出ませんでした。

個人的には燃料の流量制限+100kg制限はやめてもらいたいですね。

耐久レースみたいに燃費を気にするF1は見ていてしんどいです。

120kgくらいでいいのでは。

 

再び引き離したロズベルグ

ドライバーズチャンピオンシップ。

 

ロズベルグ 141

ハミルトン 117

ベッテル 96

 

モナコ、カナダとロズベルグの流れが悪かったですが、ここでまた大きく引き離すことに成功です

精神的にも今回の勝利はロズベルグにとって大きなものになるでしょう。

逆にハミルトンは切り替えないと引きずりそうです。

 

 

 

 

 

2016 ル・マン24時間レース、最後の最後にポルシェが逆転勝利

WEC

なんと・・・

残り5分というところでトップを独走していたトヨタ5号車にトラブル。失速。

 

1分以上差のあったポルシェ2号車が最後の最後に逆転。

 

ポルシェ2号車がル・マン24時間レースを制しました。

 

 

 

なんという幕切れ。

トヨタは終盤ずっとレースをリードしていました。

 

ポルシェにすれば奇跡。

トヨタにすれば信じられないような悲劇。

ずっと速さを見せて1位を走っていたトヨタが24時間の残り5分でトラブル

誰もがトヨタが勝つと確信している中で起こったトラブル。

トヨタには呪いでもあるのか。昔もこういうことがありましたが・・・

トヨタ6号車が2位。トヨタル・マンで2位になってしまうという呪いなのか。

 

数日前にル・マン24時間レースの見どころという記事を書いたのですが、その中でトヨタの信頼性が心配と綴っていました。まさか当たってしまうとは。

 

トヨタTwitterも思わずこの一言。

 

なんかもうかける言葉もないです。ひたすらかわいそうです。

ポルシェと対抗できる速さがあって、ポルシェより燃費が良くて、1位も走ってたのにこんな悲劇。

2016 F1 ヨーロッパGP(バクー) スピードトラップ比較&セクター3タイム

このサーキットはちょっと特殊で、ストレートの途中にスピードトラップがあるため、スピードトラップでは最高速はわかりません。

ただし、コントロールラインのところでも速度がわかります。

 

また、ホームストレートでスリップストリームに入ると、一気に速度が上昇するために、スリップに入っていないと思われるもので比較しています。

  

スリップ&DRS有りと思われる状況。コントロールライン。

ウィリアムズ ボッタス 366 km/h

レッドブル フェルスタッペン 354.2 km/h

マクラーレン バトン 349.1km/h

 

これを見てわかるように、スリップストリームに入ってもメルセデスパワーユニットは圧倒的な速さを見せます。

 

DRS有り、スリップなしの状況。スピードトラップ。

フォース・インディア ヒュルケンベルグ 325.1 km/h

フェラーリ ベッテル 325.0 km/h

ザウバー ナッセ  325.9 km/h

トロロッソ クビアト 324.9 km/h

マノー ウェーレイン 324.5 km/h

マグヌッセン 319.5 km/h

マクラーレン アロンソ 319.3 km/h

 

ちなみに最速はロズベルグの334.8 km/hですが、これはスリップストリームに入っていると思われます。

 

こういったデータを見てもわかるように、スリップストリーム次第で相当な速度差が生まれます。

また、コーナーからの立ち上がり、トラクションの良し悪しでも速度差が出ます。

 

オンボードを見ていると、スリップがないとメルセデスでも340km/h前後までしか伸びてきません。

しかし、そこに至るまでの時間、加速力の違いが出ています。

 

レッドブルルノーPUの弱点を補うために、モンツァで使うような薄いリアウィングを使っています。

しかしそれでも全体で真ん中くらいのスピードしか出ていません。

 

セクタータイムを見ると、一目瞭然でホンダのパワーのなさがわかります。

 

実質コーナーが1個しかない、ストレート主体セクター3のベストタイム

16コーナーを抜けてほぼ全開のセクター3です。

 

(秒)

ロズベルグ 24.420

ハミルトン 24.494

ペレス 24.854

リカルド 24.869

フェルスタッペン 24.881

ハリアント 24.902

グティエレス 24.909

ボッタス 24.968

ナッセ 25.024

ベッテル 25.031

クビアト 25.044

マッサ 25.069

グロージャン 25.102

ライコネン 25.128

ウェーレイン 25.164

パーマー 25.291

アロンソ 25.297

マグヌッセン 25.435

バトン 25.506

 

今のF1において、いかにパワーが重要かわかる、バクー市街地サーキットのセクター3です。

マノーのウェーレインがフェラーリライコネンと同じ様なセクタータイムを出しているということでもそれが伺えます。

また、フォース・インディアのペレスがレッドブルフェラーリを圧倒するタイムを出せたのも、このサーキットの特性が大きく出ています。

 

アロンソが「ストレートで0.7秒も失うのは辛い」とコメントしているようにパワーが無いと話にならないサーキットは多いです。

この後のイギリスやオーストリア、イタリア、ベルギー、メキシコあたりもそういったサーキットです。