Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

F1 シュタイヤーマルクGP 予選 ストレートスピード比較 (スピードトラップ)

スピードトラップは4コーナーの手前にあります。

 

チーム  ドライバー  PU  スピードトラップ 
 メルセデス ボッタス  メルセデス  297.6 km/h 
 レーシングポイント ペレス  メルセデス  295.4 km/h 
 レッドブル アルボン  ホンダ 295.4 km/h 
 ウィリアムズ ラッセ メルセデス 295.2 km/h 
 ルノー リカルド  ルノー  293.9 km/h 
 フェラーリ ルクレール フェラーリ  293.3 km/h 
 マクラーレン サインツ  ルノー 292.7 km/h 
 アルファタウリ クビアト  ホンダ  292.7 km/h 
アルファロメオ ジョヴィナッツィ フェラーリ 291.4 km/h 
 ハース マグヌッセン フェラーリ 287.1 km/h 

 

ウェットコンディションなので単純比較はできないものの、メルセデスPU勢が軒並み上位に来ており、今シーズンのメルセデスPUの仕上がりの良さが窺えます。

ウィリアムズでもここまで伸びるのであれば、おそらく今季No.1のパワーユニットでしょう。

 

今回レッドブルはややストレート重視のセッティングで、セクター1が速かった印象です。それがスピードトラップでの速さにも現れています。

セクター1の最高速で言えばレッドブルが1-2です。ただし、ダウンフォースを削っていることが後半のテクニカルなセクターで災いしている可能性があります。

 

フェラーリPU勢はかなり苦戦していますが、これがPUだけに起因しているのかは定かではありません。単に車が遅いからトラクションのかかりが悪くてストレートスピードも伸びないという可能性もあります。

ドライだとアルファロメオはストレート速いですが、ウェットだとかなり走りにくいのでしょう。