Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

山本尚貴がレッドブルやホンダとF1での活動について協議中

autosportの報道によると、日本人ドライバーの山本尚貴選手が、レッドブル及びホンダと2020年のF1での活動について協議していることが明らかになりました。

 

既にレッドブルはフェルスタッペンとアルボン、トロロッソはガスリーとクビアトといいう布陣が決定しているので、リザーブドライバーや開発ドライバーという立場だと思われます。

しかし、もしリザーブドライバーの契約を結ぶと、スーパーフォーミュラやスーパーGTとF1の日程がかぶればF1に帯同するでしょうから、SFやSGTは欠場することになり、チャンピオンの獲得が難しくなりますから考えものです。

どちらを取るのかといった感じでしょうか。

 

www.autosport.com