読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

F1 2017年のマクラーレン・ホンダに「勝ち」を期待してはならない

F1

2016年のシーズンのF1も終盤戦。

 

来シーズンはマクラーレン・ホンダに、現在スーパーフォーミュラに参戦しているGP2王者ストフェル・バンドーンが正ドライバーとして起用されることになりました。

来年は

という体制で、何かあったらバトンがリザーブとして出るという感じです。

 

さて、マクラーレン・ホンダは2015年はポイントどころか完走もままならず、下位チームにも負けたりして散々な結果でした。

 

2016年前半は真ん中より下あたりで四苦八苦していましたが、シーズン後半はQ3への進出も可能となり、ポイントフィニッシュもかなり多くなりました。

昨年では考えられなかった安定したレースペースが出るようになりました。

 

しかし、ライバルチームはフォース・インディアやウィリアムズであって、レッドブルフェラーリとはまだまだ勝負になりません。

 

マクラーレンの開発力に疑問

ホンダは3年目になればパワーユニットは他のメーカーに近いパフォーマンスを発揮できると思われます。

2016年のパワーユニットでも、後ろのマシンを抑え込むことはできていました。

 

しかし、問題は車そのものの速さです。

レッドブルのような空力性能、メルセデスのようなメカニカルグリップ。

果たしてこれがマクラーレンに達成できるのか?

 

2016年現在、マクラーレンのマシンとメルセデスのラップタイムは1秒以上差があります。

レースペースで1秒は相手にならないほどの差です。

 

2017年はレギュレーションが変わり、F1マシンのデザインも少し変わります。よりダウンフォースが出やすい、高速なクルマになります。

 

では、レッドブルエイドリアン・ニューウェイや、メルセデスのパディ・ロウが考え、設計するマシンより良い物が作れるのか?

 

正直、もし今のホンダパワーユニットがメルセデスPU並の性能だったとしても、マクラーレン・ホンダメルセデスに勝てないでしょう。

そのくらい空力や足回りで劣っています。

 

レッドブルは、パワーユニットでは劣るけどコーナリングではメルセデス並なので、コースによってはメルセデスの1台を食うようなタイムが出せています。

 

これが来年のマクラーレンにできるのか・・・?

 

正直、望み薄です。

ホンダがどんなに頑張ろうが、マクラーレンに優秀なデザイナーがいなければ優勝は難しい。

フェラーリも死に物狂いで勝ちを取りに来るでしょう。

 

2017年にマクラーレン・ホンダが1度でも表彰台に登れば万々歳

メルセデスフェラーリレッドブルの6台と戦わなければならない。

 

2016年はこの3チームとはまともに戦っていなかったわけです。

 

メルセデスレッドブルの2チームで表彰台は埋まってしまいそうです。

この2チームが開発に失敗するということはまずないでしょう。特にレッドブルはここ何年もポテンシャルの高いクルマを作ってきています。

逆にマクラーレンがマシンの開発に失敗する可能性の方が高い。

 

17年になってみなければなりませんが、あまり「優勝」は期待しないほうが良さそうです。来年の目標は表彰台といったところですが、それもかなり高いハードルです。

 

目標が高くなるのはポジティブなことですが、期待しすぎちゃいけないよ。ということです。フェラーリと勝負できるようになれば面白くなるでしょう。