読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017年F1プレシーズンテスト 2日目の感想とか

F1

メルセデスはTウィングの新しいのをつけてるようです。2枚になってるやつ。

 

 

ウィリアムズのランス・ストロールがF1テストデビューです

 11周したところでスピン。

その後午前中はウィリアムズは出てこなかったです。

 

 マクラーレンは最初にバンドーンが違和感を感じて車を止めたものの、そのあとは周回を重ねている(ただしタイムは遅い)

 

ホンダのパワーユニットに深刻な問題発生。PU交換が必要に。

問題の原因わからず

 

ルノーは午前中に作業をしていて走れず。

フォース・インディアはエキゾーストの問題を直して走行。かなり速いタイム。

ザウバーはパワーユニット交換が必要になって1周しか走れず。

 

ハミルトンはスーパーソフトでついに20秒台突入!

 

フォース・インディアは途中で止まりました。セクター3直前のストレートの場所です。

 

 

昨日に続いてメルセデスが一歩も二歩もリードした午前中でした。

 

 

最終的にはフェラーリがトップタイムでした。

メルセデスがスーパーソフトで出したタイムをフェラーリがソフトで塗り替えてました。

しかし、現段階では単純比較はできないでしょう。

 

スピードトラップのデータ。

 

 ハースがトップの326km/hでした。

レッドブルも2番目に速い最高速です。

ただ、やはり各チームのプログラムが違うので単純比較はできないですね。

 

タイム的にフェラーリメルセデスレッドブルの間に溝があるのですが、レッドブルは今回タイムより周回数を優先したっぽいので、まだなんとも言えませんが、いずれにせよメルセデスは速いです今年も。

 

そして一言でいえば「恥さらし」だったのがホンダです。

3年目にして2日間もまともに走れない。

トーク制度が廃止されてメルセデスのレイアウトをパクったのにこのていたらく。

この感じだと今年のマクラーレンも遅いでしょう。