Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2018 F1中国GP フェラーリ戦略ミス!レッドブルが優勝

 

 

 

中国GP

 

  1. リカルド
  2. ボッタス
  3. ライコネン

 

終盤にトロロッソ同士が接触し、これでセーフティーカー

セーフティカー中にレッドブル2台がピットストップ。

レッドブルはソフトタイヤに履き替え、ミディアムを履いていたメルセデスフェラーリよりも1秒以上速いペースに。

 

リカルドが神がかり的なオーバーテイクを連発して大逆転優勝。

 

レッドブルは完全な戦略勝ち。逆にフェラーリは完全な戦略負けでした。

 

特にフェラーリはピットストップのタイミングが明らかにミスしており、メルセデスにも逆転を許したり悲惨な結果に・・・

 

今回、1秒以上ペースに差がないとオーバーテイクできないような状況でした。

やはりコーナーで近づきすぎるとダウンフォースが失われてトラクションが悪くなる。

このため、ストレート直前のコーナーで引き離されてしまう感じでした。

ただ、グリップに圧倒的な差があれば近づく事もでき、立ち上がりの加速も良いということでオーバーテイクできるわけですね。

 

ライコネンは終盤ずっとボッタスに押さえられていましたが、両者のラップタイム差は0.5秒程度。

逆にフェルナンド・アロンソはタイヤに苦しんでいたベッテルより1秒速かったためターン4からの立ち上がりでオーバーテイクできたようですね。

 

開幕3戦を終え、ベッテルベッテル、リカルド

メルセデスはまだ1勝もしていません。

あの車が遅いとは思えませんが、オーストラリアGPでは運が悪かったですし、バーレーンではフェラーリに勝てるだけ速くなかった。

中国では予選からフェラーリに負けていた。

 

しかしメルセデスがこのまま黙っているとは思えませんね。バクーまで少し時間がありますので、この間に確実に修正してくるでしょう。

4月末からヨーロッパラウンドがいよいよ始まります。