読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 F1 ロシアGP 予選 スピードトラップ最高速&セクター2ストレート最高速

F1ロシアグランプリのスピードトラップ比較です。

参考のためにセクター2の最高速も紹介しておきます。

 

スピードトラップはホームストレートエンドです。

各チームの速い方。チーム内での差が大きい場合は参考に両方。

 

スピードトラップ

ウィリアムズ(メルセデス)331.2 km/h

フェラーリ 331.0 km/h

メルセデス 330.4 km/h

フォース・インディアメルセデス)329.5 km/h

ハース(フェラーリ)325.5 km/h

レッドブルルノー)324.3 km/h

マクラーレン(ホンダ)322.6 km/h

ザウバーフェラーリ16)321.3 km/h

トロロッソルノー)319.5 km/h

ルノー 318.9 km/h

 

参考:

ウィリアムズ マッサ 327.5 km/h

フェラーリ ベッテル 326.1 km/h

レッドブル フェルスタッペン 320.8 km/h

マクラーレン バンドーン 317.4 km/h

 

 

 セクター2ストレート 最高速

メルセデス 331.5 km/h

フェラーリ 331.4 km/h

ウィリアムズ 330.8 km/h

フォース・インディア 329.4 km/h

ハース 325.6 km/h

ザウバー 325.6 km/h

レッドブル 325.6 km/h

ルノー 323.3 km/h

トロロッソ 320.7 km/h

マクラーレン 320.3 km/h

 

 

まさにメルセデスフェラーリ、がっぷり四つの予選だっただけに、DRSを開けた状態での両者の速度差は ほとんどありませんでした。

 

ただ、DRSを開けていないセクター1途中の速度計ではメルセデスフェラーリを圧倒していることを考えると、まだメルセデスパワーユニットの方が馬力はあるように思えます。

 

ルノーは前戦までストレートが速かったですが、ダウンフォースをつけたのか、今回は下の方に沈み、マクラーレンと大差がない速度になっていました。

 

レッドブルフェラーリ対比でも7キロほど劣るというのは今回の苦戦を表しています。

ドラッグが大きいと言われるトロロッソの2台も速度は下の方に沈んでいます。

 

セクター2では、16年型のフェラーリPUを積んだザウバーと17年の最新PUのハースが同じ速度を計測しており、ザウバーのマシンのダウンフォースの少なさが窺えます。

 

ホンダは信頼性向上のアップデートは持ち込んだものの、まだパフォーマンスを上げる新スペックのPUは導入していません。さすがにメルセデスPUから10キロも遅いのはこの長くストレートが多いストップ&ゴーサーキットではかなりタイム差に響いてしまいます。最高速ではルノーPUには少し近づいた感じですが、実際の馬力はルノーよりだいぶ悪い感じで、ホンダ側も予想通り厳しい結果だと認めています。