Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2018 イギリスGP 予選ストレートスピード比較

ドライバー  チーム  PU  スピードトラップ  ウェリントン
 ライコネン  フェラーリ  フェラーリ  325.6 km/h  317.5 km/h
 オコン  フォース・インディア  メルセデス  323.3 km/h  312.9 km/h
 ハミルトン  メルセデス  メルセデス  321.6 km/h  314.9 km/h
 グロージャン  ハース  フェラーリ  320.8 km/h  312.7 km/h
 ルクレール  ザウバー  フェラーリ  320.3 km/h   310.4 km/h
 フェルスタッペン  レッドブル  ルノー  319.0 km/h  311.6 km/h
 サインツ  ルノー  ルノー  316.9 km/h  312.0 km/h
 ガスリー  トロロッソ  ホンダ  316.8 km/h   307.6 km/h
 アロンソ  マクラーレン  ルノー  315.4 km/h  309.0 km/h
 シロトキン  ウィリアムズ  メルセデス  314.2 km/h  305.8 km/h

 

ウェリントンはセクター1のロングストレートです。

 

シルバーストーンの予選スピードトラップ比較 2018 Verです。

 

フェラーリのストレートスピードがめちゃくちゃ速いです。

PUの性能に加えて、効率の良いエアロパッケージだと思われます。

メルセデスフェラーリより3~4km/hほど遅いですが、フォース・インディアのことを考えると、おそらくダウンフォースをつけてきていると思われます。

 

 

ストレートはメルセデスという時代は終わったと思って良いでしょう。

 

一方でルノーとホンダは、フェラーリメルセデスからかなりの差をつけられている印象です。

レッドブルはかなり薄っぺらいウィングを使っており、パワー不足をなんとか補おうとしてはいるものの、やはり無理があったようです。

50馬力以上、ルノーとホンダはフェラーリから離されているのではないでしょうか・・・

 

ホンダはこのところ信頼性に不安を抱えており、片方に必ずといっていいほどトラブルがでます。

また、ウェリントンストレートのスピードでは圧倒的に遅く、パワー不足というのが露呈しています。

 

 

ウェリントンストレートは立ち上がりのトラクションもかなり影響しており、フェラーリメルセデスは別次元の速さです。