Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2019 F1中国GP 予選 スピードトラップ・最高速比較

チーム ドライバー パワーユニット スピードトラップ速度
 フェラーリ  ベッテル  フェラーリ  327.1 km/h 
 ルノー  リカルド  ルノー  323.9 km/h 
 ハース  マグヌッセン  フェラーリ  322.8 km/h
 トロロッソ  クビアト  ホンダ  322.1 km/h
 レーシングポイント  ペレス  メルセデス  322.0 km/h
 メルセデス  ボッタス  メルセデス  322.0 km/h
 アルファロメオ  ライコネン  フェラーリ   321.7 km/h
 マクラーレン  ノリス  ルノー  320.7 km/h 
 レッドブル  フェルスタッペン  ホンダ  318.3 km/h
 ウィリアムズ  ラッセ  メルセデス  317.2 km/h

 

フェラーリがめちゃくちゃ速い。ルクレールも326km/hでした。

フェラーリだけが使えるエンジンモードがありそうな気がしています。

PUの馬力だとおそらく フェラーリメルセデスルノー≧ホンダですね。

信頼性はメルセデスだけが抜きん出て良い。

 

トロロッソはいつも通りロードラッグでしょうから、それでルノーの上に行けないというのはやはりPUの出力が足りていないのでしょう。(ホンダの山本さんも認めていますし)

今回レースでもスリップに入っていてもロングストレートでレッドブルフェラーリから引き離されていましたし。実際予選のタイムを見てみると、レッドブルはロングストレートのあるセクター3でメルセデスに0.3秒以上遅れちゃってますね。

 

予選セクター3のタイムは

ハミルトン 40.2

ボッタス 40.3

ベッテル 40.4

ルクレール 40.4

フェルスタッペン 40.6

ガスリー 40.8

という感じに。ちなみに全員Q3の1回目のアタックです。

 

そう考えると次戦アゼルバイジャンではホンダPU勢は昨年同様に苦戦を強いられる可能性があります。

 レッドブルが本気でポールポジションを取りたいなら、ダウンフォースがついた状態でなおかつスピードトラップで少なくとも真ん中くらいにはいられるくらいのパワーが必要です。バクー・カナダ・オーストリアシルバーストーン・スパ・モンツァ鈴鹿などなどパワーが必要なサーキットだらけですし。

 

一つ言えるのは、もうフェラーリPU VS メルセデスPUにおいては、馬力だけで勝敗は決まらないという感じですね。

さすがにフェラーリルノー&ホンダだとPUの差も多少は出てしまいますが・・・

 

もしかしたら燃費ではメルセデスの方が良い気がします。