Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2019 F1 開幕戦 オーストラリアGP 金曜フリー走行

2019年のF1が開幕しました。

金曜日のフリー走行を終えて

 

ハミルトン 1分22秒600

ボッタス 1分22秒648

フェルスタッペン 1分23秒400

ガスリー 1分23秒442

ベッテル 1分23秒473

ライコネン 1分23秒572

ルクレール 1分23秒754

 

となりました。

まず、メルセデスレッドブルの差、これは本当だと思います。レッドブルメルセデスにはおそらくかなりの差があり、予選でそれを埋めるのはほぼ不可能です。

2018年のオーストラリアでもメルセデスレッドブルは0.8秒の差がありました。そしてFP2でも0.8秒差がありますから、ほぼ同じなんですよね。

さらに、メルセデスがFP2で本気を出すとは思えないのでまだ引き出しは残しているでしょう。メルセデスがストップ&ゴーで速そうだというのは、プレシーズンテストでセクター3が速かったことからも納得がいきます。

 

フェルスタッペンはそれなりに攻めた走りをしていましたから、レッドブルにはそんなにたくさんの引き出しはないだろうという印象。

レッドブルは空力を重視した車ですから、そもそもアルバート・パークのようなストップ&ゴーは苦手でしょうね。

 

一方でフェラーリは、本気を見せていないという予想です。

おそらくFP2のタイムはガソリン積んだ状態で出している。

アルファロメオフェラーリの差が0.1秒なんてのはありえないですから、ガソリンを軽くして予選モードで本気を出したらどのくらいのタイム出るのかは土曜日にならないとわかりませんね。

とはいえ、ベッテルは車の挙動に不安を訴えてましたから、完璧とはいえない。

 

これらの点を考えると、ポールポジション予想確率は

メルセデス:80%

フェラーリ:15%

レッドブル:5%

 といった感じか。

 

また、レッドブルはFP2の終盤でガスリーがPUのトラブルを訴えてました。

もしかしたら予選前にPU交換あるかも?

アルバート・パークは路面がバンピーですから、ガタガタ振動して壊れるなんてこともありえなくはない話ですね。

 

中段は、ハースが速いと言われる中でルノーワークスはしっかりとタイムを出してきました。

ポテンシャル的にはアルファロメオルノー・ハースの3つ巴という感じがします。

その後ろをトロロッソ・レーシングポイント・マクラーレン

 

 

レースはメルセデスフェラーリレッドブルです。

ミディアムタイヤでは、メルセデスが27秒中盤で、フェラーリも27秒台中盤です。レッドブルは28秒台?

ソフトではメルセデスの方がフェラーリよりも速そうです。

 

レッドブルクリスチャン・ホーナーも「メルセデスはかなり速そうだ」と答えています。