Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2018 オーストリアGP 予選ストレートスピード比較

チーム ドライバー パワーユニット スピードトラップ
 フェラーリ  ベッテル  フェラーリ  323.2 km/h 
 メルセデス  ハミルトン  メルセデス  322.2 km/h 
 フォース・インディア  オコン  メルセデス  321.7 km/h
 ハース  グロージャン   フェラーリ  320.5 km/h
 ウィリアムズ  シロトキン  メルセデス  320.3 km/h
 ザウバー  ルクレール  フェラーリ  320.2 km/h
 ルノー  ヒュルケンベルグ  ルノー   319.2 km/h
 トロロッソ  ガスリー  ホンダ  318.5 km/h 
 レッドブル  フェルスタッペン  ルノー  316.7 km/h
 マクラーレン  アロンソ  ルノー  316.4 km/h

 

オーストリアGPの予選スピードトラップ比較です。

今回、非常にわかりやすく出ました。

 

メルセデスのアップデートされたパワーユニットがおそらく現状では最良。

そのすぐ後ろにフェラーリといった感じですね。

 

今回、予選ではメルセデスが圧倒的に速かったですが、速かったのはセクター3ということで、高速コーナーでのスピードのキャリーが素晴らしいのでしょう。

一方、レッドブルはセクター1でかなり置いていかれている。これはパワーユニットの差なのでしょう。

 

数字上は小さい差に見えますが、ガスリーがライバルにストレートで負けていると言ってますから、実際には中間加速でかなりの差があるのでしょう。

 

次のシルバーストーンは本当にパワーの差が明暗を分けるサーキット。

ハースが中段では速いと予想されます。