Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2018 インディ500予選 シボレーエンジンがホンダエンジンを圧倒

2018年のインディ500の予選が行われました。

 

今年はエアロパッケージが同じです。

 

しかし、シボレー勢が圧倒しました。

つまりエンジンがホンダよりシボレーの方が全然良いということですね。

 

琢磨が所属するレイホールレターマンは当然ホンダエンジンのチームですが、エンジンパワーでシボレー勢に全くかなわないという展開でした。

 

ポールポジションは社長ことエド・カーペンターでした。

カーペンターは229マイル台のラップを連発してぶっちぎりました

 

明らかにシボレーエンジンの方が良いので、今年のインディ500はおそらくシボレーエンジンを搭載するチームが勝つと予想されます。

チームペンスキーあるいはエド・カーペンターレーシングあたりが優勝候補でしょう。