Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2018 F1 アゼルバイジャンGP ベッテルが3連続ポールポジション

アゼルバイジャンGPの予選が行われ、フェラーリセバスチャン・ベッテルポールポジション

ハミルトンが2番手、ボッタス3番手

 

ストレートが長いということで、今までメルセデスが予選で圧倒していたバクーですが、フェラーリがセクター2の速さで上回りました。

 

やはりメルセデスパワーユニットの予選モードは凄まじく、フォース・インディアがトップから1秒差で7番手8番手を獲得。

ウィリアムズも11番手に来ています。

 

ベッテルは最後のアタックは失敗。ハミルトンは完璧にこなしました。

0.179秒差でした。

 

フェラーリメルセデスレッドブルの三つ巴ですが、速さではフェラーリが一歩リードしていますね。

レースは直線が長いこともあり、1周目からメルセデスの逆転は十分ありえます。

ポールからスタートしても難しいレースになるでしょう。

そういう意味ではフェラーリライコネンが2番手を取れなかったのは痛い。

 

ライコネンは最後のアタックが成功していればポールでしたが最終コーナーでミスしました。

 

レッドブルはやっぱりストレートが厳しいですね。

パワーユニットの分のハンデがなければメルセデスと互角以上。

決勝では巻き返しもある?