Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2018 F1 プレシーズンテスト信頼性を見せるホンダ。勢力図も見えてきたか

F1のプレシーズンテストが行われています。

 

 

 

上がスピードトラップで下がベストタイム。

もちろんチームごとにプログラムが違うので鵜呑みにはできません。

 

しかし、レッドブルメルセデスは速そうです。

フェラーリはまだなんとも言い難い。

 

メルセデスはミディアムでもかなりのタイムが出ますから、今のところメルセデスが最有力候補といった感じですね。

 

そしてホンダパワーユニットトロロッソですが、マイナーなトラブルはあったものの、大きな問題なく走行。

ホンダPUの信頼性は明らかに向上している印象です。

トロロッソの車はダウンフォースは他のチームよりつけていないようで、トップスピードは伸びます。

馬力はまだルノーより若干少ない感じですが、作年ほどの差はないようです。

このあたりはトロロッソ側も考慮してのセッティングかもしれません。

 

一方ルノーパワーユニットの適応に苦しんでいるマクラーレン

走れてはいるもののオイルリークやボディワークが燃えるような問題が。

まだルノーパワーユニットの特性が理解しきれていないというか、設計上の問題なのか。

ボディワークを絞りすぎて温度が上がりすぎてしまうとか。このため排熱口を新たに設けているようです。

マクラーレンの速さ的には中の上という感じかもしれません。

 

ルノーは結構良さそうですが、まだ本当の実力が見えづらい。7日目8日目で見れたら良いですね