Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

F1 2021年からのエンジン案をFIAが公開。MGU-H廃止。V6ターボ、15000回転以上?

FIAが2021年からの新しいF1エンジンの規則の案を発表しました。

 

1.6リッターのシングルターボエンジン

MGU-H(熱エネルギー回生)は廃止

強力なMGU-K

現在より3000回転高い

ESとCEは共通

ドライバーが放出エネルギーを調整可能

 

と、だいたいこんな感じです。

 

MGU-Hは排気熱を運動エネルギーに変える先進的な技術ではあるものの、今のF1の排気音をかなり小さくしている原因です。

メルセデスからすればMGU-Hが廃止になるのは嫌でしょう。

一方、ホンダやルノーにとっては歓迎という感じですかね。

ホンダは今シーズン初頭にMGU-Hが壊れまくってましたから。

 

また、MGU-Hがあるだけで1億円はエンジンの値段が上がってしまうでしょうから小規模チームも歓迎しているでしょう。

 

また、今のエンジンは10000~12000回転程度ですが15000回転程度まで回せるようなエンジンにするようです。

 

MGU-H廃止の代わりにMGU-Kを強力にするようで、もしかしたらWECのようにフロント・リア両方のブレーキから回生するのかもしれませんね。

 

ERSですが、ドライバーがエネルギーの使用量を調整できるようにするようで、よりレースの戦略性が高まるとみられます。

今のパワーユニットでは予めプログラムされたタイミングでエネルギーを放出しています。

 

MGU-Hがなくなれば間違いなく排気音がよくなりますから、この方向性はスポーツとしては良いのではないでしょうか?

ただ、エンジンメーカーはせっかくMGU-H研究したのに・・・と思ってるかもしれませんが。