Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 F1ハンガリーGP 予選 ストレートスピード比較

ハンガリーGPのスピードトラップの比較。

 

 

ボッタス メルセデス 311.5 km/h

トロール ウィリアムズ メルセデス 310.5 km/h

フェルスタッペン レッドブル ルノー 308.8 km/h

ベッテル フェラーリ 308.3 km/h

オコン フォース・インディア メルセデス 307.7 km/h

グロージャン ハース フェラーリ 307.2 km/h

サインツ トロロッソ ルノー 306.1 km/h

パーマー ルノー 303.2 km/h

ウェーレイン ザウバー フェラーリ 302.9 km/h

バンドーン マクラーレン・ホンダ 301.8 km/h

 

 

ハンガロリンクのストレートは非常に短いですが、それでもマクラーレンホンダは平均より5km/h以上遅いということで、エンジンパワーが100馬力近く足りないというのも頷ける感じです。トップからは10km/hも遅れてるというのは驚きです。

ザウバーもホンダをやめてフェラーリにして正解です。

それでもマクラーレンの車自体の良さでなんとかカバーして中段争いを制したという感じでした。もしフェラーリメルセデス並のエンジンが搭載されていれば、中段争いは頭一つ抜け出せたでしょう。

そう考えると残りのGPどうするんでしょうね・・・マクラーレン。もう今後実力でポイント取れそうなサーキットがないですが。

 

ここは最大ダウンフォースのセッティングですから、どのチームもトップスピードは全然出ません。

しかしセクター1だけ見ると、ストレート、さらに1コーナーからの短いストレート、そして2コーナーから4コーナーまでのほとんど全開の区間。その区間ではパワーの差がちょっと出ます。

 

モナコハンガリーのような低速サーキットはパワーの差がタイムに出にくいですが、それ以外のサーキットは基本的にパワーがないとタイムが出ません。

そういう意味ではルノーもかなり頑張っている気がします。

 

バクーではストレートだけでメルセデスにだいぶ引き離されたフェラーリですが、ここのようなサーキットではそういった差も小さいですからかなりチャンスがあります。そして1-2フィニッシュというベストなリザルトでした。

 

逆にレッドブルはせっかくのチャンスを棒に振ってしまったわけですね。

 

次のベルギー、イタリアではパワーユニットの馬力の差が如実にあらわれるのでベンチマークとしてかなり参考になるでしょう。

 

それでは良い夏休みを。