Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 モナコGP予選 ライコネンが2008年以来のポールポジション。ハミルトンはQ2落ち

キミ・ライコネンポールポジション!!!!!!

2008年以来。

フェラーリが今シーズン二度目のフロントロー独占。

 

ルイス・ハミルトンはQ2の最後、バンドーンがクラッシュしたことでタイムアタックできず。これでQ2落ち。

ハミルトンは高い路面温度に苦しんでいたようで、スライドしたり、Q2の前半で良いタイムが出せなかったことも原因の一つです。

 

ハミルトンは14番手で予選を終えました。

 

ベッテルもQ3で上手くタイムが出せず。しかし最後の最後に2番手タイム。

 

3番手はボッタス。ベッテルとは1000分の2秒差ということで、かなり仕事をしたと思います。

 

4番手のフェルスタッペンは5番手のリカルドを0.5秒も上回るタイム。すっかりエースです。

 

アロンソの代役のジェンソン・バトンはMGU-HとターボチャージャーにトラブルでPU交換。このペナルティで決勝15グリッド降格。

モナコはエンジンパワーの寄与度が少ないということで、マクラーレンも2台ともトップ10入りしていましたが、バンドーンはクラッシュで、バトンはペナルティということで悲惨な状況。というのも、モナコオーバーテイクがほぼ不可能だからです。

 

 

今回、フェラーリが非常に速かったのですが、メルセデスのボッタスがフェラーリと遜色ないタイムを出したのが結構驚きでした。フェラーリもちょっと危うかった。

ベッテルはもしトラフィックに引っかからずに全てが噛み合っていれば、おそらくライコネンと同じくらいのタイムは出ていたのかもしれません。