Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 F1 スペインGP フリー走行 メルセデスが優勢

スペインGPのフリー走行ですが簡単に感想を。

 

メルセデスがセクター3非常に速いです。

一発タイムもロングランもメルセデスフェラーリという感じ。

 

フェラーリのセクター3の動きがあまり良くない。修正が多い。

もし土曜日にフェラーリがセクター3を改善できなければおそらくメルセデスのどちらかが勝つでしょう。

 

ヨーロッパラウンドが開幕し、各チームがアップデートを持ち込んできたわけですが、メルセデスのアップデートが大規模なものでした。

ノーズの形状も変わってます。

ダウンフォースは維持して余計なドラッグを減らしたいという感じなのでしょう。

 

それと今回から車体にカーナンバーを大きく表示しなければならなくなりました。

ほとんどのチームがシャークフィンに番号やドライバーの名前を表示しています。

ハースのドライバー名の書き方がかっこいいので要注目。

 

 

カタロニア・サーキットはストップ&ゴーではないのでレッドブルもそれなりに良さそうではあるのですが、トップ2チームにはまだ届かないかもしれません。

 

ルノーはアップデートでかなりの躍進をしてきており、ウィリアムズと互角以上に戦えそうな雰囲気があります。ヒュルケンベルグはトップから1秒以内。

 

マクラーレンアロンソがFP1開始直後にオイル漏れでエンジン交換。

FP2でバンドーンが13番手で終えたものの、ストレートの遅さを見る限り、予選や決勝ではこれまで通り苦戦するでしょう。

 

今回ハードタイヤが持ち込まれたものの、硬すぎて使い物にならないため、決勝ではソフトとミディアムしか出てこない気がします。

路面の入力が高いので1ストップは無理です。

かといってハード使いたくないでしょう。

 

2017 Spanish Grand Prix | FP1 Review - YouTube