Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 WEC 第2戦 スパ・フランコルシャン 予選。ポルシェがポール獲得

世界耐久選手権の第2戦がベルギーのスパ・フランコルシャンで行われています。

 

今回トヨタは3台エントリー。

日本人の国本雄資選手が新たに加わりました。ニコラ・ラピエールもいまs.

 

なお、シルバーストーンでクラッシュしたホセ・マリア・ロペスですが、大事を取って欠場です。ということで7号車は小林可夢偉とマイク・コンウェイの2人だけになりました。

 

トヨタの7号車と8号車はハイダウンフォース仕様。

9号車はローダウンフォースの仕様のエアロで登場しました。

 

一方のポルシェはローダウンフォース仕様2台。

 

そしてポルシェの1号車がトヨタに0.6秒差をつけてポールポジション獲得です。

 

 

トヨタは2位~4位を埋めました。

 

ラップタイムだけ見るとトヨタも劣らない感じです。

 

 

シルバーストーンではトヨタが優勢でしたか、ストレートの長いスパではポルシェが互角の戦いをしてきました。

 

もっとストレートが長いハイスピードサーキットであるサルト・サーキットになるとどうなってしまうんでしょうかね。

 

いずれにせよ、土曜の決勝が楽しみです。