Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

マクラーレン、エンジンを他メーカーにすることを考え始める?「メルセデスPUなら勝てていた」

 マクラーレンがここ数年のホンダパワーユニットへの失望が隠せないようです。

エリック・ブーリエがスペインメディアのインタビューで、「メルセデスPUなら勝てていた」と話しました。

 

マクラーレンは今後もパワーユニットに足を引っ張られるなら他のメーカーのPUに切り替えることも模索しているようです。

 

そもそもマクラーレンがホンダと手を組んだのは、メルセデスのカスタマーエンジンでは勝てないと考えたからですが、ホンダがメルセデスより強力なパワーユニットを作れないのであれば、そもそもホンダPUを使う意味があまりありません。

 

しかし、マクラーレンはホンダと組むことで資金面で助かっています。

アロンソの年俸40億円の半分を払っているのはホンダですし、さらにホンダは無償でパワーユニットを提供しているのです。

他のカスタマーチーム(レッドブルやウィリアムズ、ザウバー等)は、パワーユニットサプライヤーに高額な使用料を支払っています。

 

そのアロンソですが、おそらくもし今年駄目ならマクラーレンを離れるでしょう。

マクラーレン側もアロンソが来年もマクラーレンにいる確信はないと認めています。

アロンソも焦りを感じているのは間違いありません。

 

 

www.bbc.com