Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 F1 ベルギーGP予選。スピードトラップ&最高速比較

2017 ベルギーGPの各チームの最高速やスピードトラップの計測比較です。

 

スピードトラップはオー・ルージュを駆け上がってすぐの所にあります。

  

チーム ドライバー パワーユニット スピードトラップ速度
 フォース・インディア  オコン  メルセデス  318.4 km/h 
 メルセデス  ボッタス  メルセデス  317.4 km/h 
 フェラーリ  ベッテル  フェラーリ  311.9 km/h
 ハース  マグヌッセン  フェラーリ  311.5 km/h
 レッドブル   リカルド  ルノー  307.8 km/h
 トロロッソ  サインツ  ルノー  306.9 km/h
 ウィリアムズ  マッサ  メルセデス  306.7 km/h
 ルノー  ヒュルケンベルグ  ルノー  304.2 km/h 
 マクラーレン  バンドーン  ホンダ  303.5 km/h
 ザウバー  ウェーレイン  フェラーリ  302.6 km/h

 

スピードトラップがオー・ルージュの直後にあるため、DRSなしでオー・ルージュを登った後の速度がわかります。

今回フォース・インディアはドラッグを減らしストレート重視のセッティングに。

このためセクター1が異様に速かったですが、DRSなしで318km/hまで伸びるという驚異的な記録が。

しかしそれよりも驚きなのはメルセデスです。フォース・インディアのようにダウンフォースを減らしまくったわけでもないでしょうがフェラーリから5キロ以上もの差。

見事にパワーユニット順に並んだ感じです。

ウィリアムズはおそらくリアウィングを立ててダウンフォース多めのセッティングにしたのでしょう。ルノーはスピードトラップは低いですが、あれだけのタイムが出ていたわけで、パワー差を補えるだけのコーナリングスピードやブレーキングスタビリティがあったのでしょう。

しかしそれを考えてもメルセデスパワーユニットの力が存分に数字に出ています。

ホンダはパワー不足のため、バンドーンがアロンソスリップストリームを与えて引っ張る作戦を取りました。これにより、アロンソは310km/hをスピードトラップで計測しましたが、トーありのデータなので参考になりません。

 

 

最高速ですがケメルストレートエンドで

フォース・インディアのペレスが342 km/h

メルセデスのボッタスが340 km/h

フェラーリベッテルが332.5 km/h

ルノーヒュルケンベルグが330.9 km/h

レッドブルのフェルスタッペンが330.1 km/h

マクラーレンのバンドーンが325 km/h

といった感じです。

 

坂を登った段階で既に310km/hなので、そこから30キロ近く加速するメルセデスパワーユニットに対して、フェラーリは20キロ強に留まっています。

ルノーパワーユニットもフェラーリに対してかなり差を詰めてきたように思えます。

一方でメルセデスフェラーリルノーを再び引き離したような印象すらあります。

 

 メルセデスは1コーナーからケメルストレートエンドまでの全開区間で0.5秒近く他のチームを置き去りにするだけの馬力があります。

 

 

佐藤琢磨 インディ500初制覇 [Blu-ray]

佐藤琢磨 インディ500初制覇 [Blu-ray]

 

 

初回限定 佐藤琢磨 インディカー・シリーズ初優勝までの軌跡 【限定2000本】 [DVD]