読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2017 F1 バーレーンGPの決勝をより楽しく! チームラジオ(無線) 翻訳

バーレーンGPのチームラジオを訳したものを一部紹介します。

チームラジオは一部しか放送されませんが、放送されていないものも見ていくとかなり状況がわかります。

  

 

バーレーンGPの無線

 

フェルスタッペン「ブレーキが壊れた。ああぁ・・・」

 

 

トロール「横からぶつけられた。横側が完全に壊れた。何が起こったのかわからない」

ウィリアムズ「大丈夫か?」

トロール「うん。大丈夫だ」

 

 

メルセデス「バルテリ、ベッテルに近づく必要があるぞ」

ボッタス「了解」

メルセデス「DRSを使うためにベッテルの1秒以内に入らなければならない。与えてやれるチャンスは最大2周だぞ」

 

 

メルセデス「では、ルイスを前に出させてくれ」

ボッタス「確認してくれ。前の周で差が縮まったと思うんだが」

 

メルセデス「ルイス、バルテリに近づいてくれ。彼に指示を出した」

ハミルトン「バルテリがペースを上げてくれたら問題ないんだけど」

 

メルセデス「その順位のままでいてくれ」

ボッタス「了解」

メルセデスベッテルとの差を縮めることに集中してくれ」

 

 

アロンソ「あの車はいったいどうやって俺をオーバーテイクできたんだ?ストレートの最初の方では300メートルは離れてたぞ。今までこんなに劣る馬力で走ったことないよ。驚きだ。」

マクラーレン「OKフェルナンド、プランBを考えているんだが、タイヤはどうだ?」

アロンソ「好きなようにしてくれ!」

 

 

メルセデス「ルイスを前に出してくれ。ルイスは5秒ペナルティを受けている」

ボッタス「了解。彼を前に出すよ」

 

メルセデス「ルイス、我々は5秒ストップペナルティを受けた。ピットの入り口で遅く走ったからだ。次のピットストップでペナルティを消化しなければならない」

 

ハミルトン「皆ごめん」

メルセデス「気にするな。集中していこう」

 

 

メルセデス「ルイスをおさえないでくれ。彼は勝つためにプッシュして2秒速く走っている。お願いだからルイスを前に出してくれ」

 

 

メルセデスベッテルが周回遅れのトラフィックに追いつくぞ。ルイス、まだチャンスはある。がんばれ!」

 

ハミルトン「ベッテルは周回遅れの車を抜いたのか?」

メルセデス「2台を抜いたが、別のがまだ3台いる。ベッテルが抜いたのはパーマーとエリクソンだ」

ハミルトン「タイヤがちょっとたれてきてる」

 

 

フェラーリ「ハミルトンはタイヤの性能が低下してきたと言っている。良い傾向だ」

 

 

メルセデス「OKルイス、ベッテルはかなり上手くトラフィックを抜けた。最後にチャンスがありそうだからこのままのペースで行こう」

ハミルトン「差がありすぎないか?」

メルセデス「見ての通りだ、ルイス。だけど何が起こるかわからない」

 

 

アロンソ「エンジンのトラブルだ。ピットインする。エンジンに問題がある」

 

 

フェラーリ「1位だセバスチャン!なんてレースだ!君が一番速かった!」

ベッテル「やったぜみんな!YESYESYESYES。俺が話していたのはこれだよ。"Buona Pasqua"(ハッピーイースター)」

ベッテル(イタリア語で)「みんなありがとう。今日は凄く良い車だったよ。本当にありがとう」

 

 

メルセデス「よくやったよルイス。2位だ。厳しい時もあったけど素晴らしい運転だった。力強い走りだった。」