読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 イギリスGP予選のスピードトラップ 速度比較

 

予選時スピードトラップ

メルセデス 329.1 km/h

フェラーリ 328.0 km/h

マノー(メルセデス) 327.9 km/h

ハース(フェラーリ) 324.7 km/h

ウィリアムズ(メルセデス) 324.2 km/h

トロロッソ(フェラーリ型落ち) 324.1 km/h

ザウバー(フェラーリ) 323.5 km/h

フォース・インディア(メルセデス) 323.5 km/h

レッドブル(ルノー) 322.3 km/h

ルノー 318.6 km/h

マクラーレン(ホンダ) 316.5 km/h

 

※()内はパワーユニット

いずれも2台のうち速い方

 

スピードトラップはハンガーストレートエンドに設けられています。

 

チャペルのコーナリングスピードも影響しているため、メルセデスPU勢でもメルセデスワークスが圧倒的な速度を記録しています。

同じことがフェラーリにも言えます。

 

今回はハッキリとパワーユニットの差がわかったスピードトラップでした。

 DRS使ってこれですから、DRSが使えない場所の加速の差というのは相当大きいですね。