読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 ル・マン24時間レース 見どころ


 

今年もル・マン24時間レースがやってきました。

つい少し前にモナコGPインディ500をやっていたと思ったら、もうル・マンです。

 

そんなル・マン24時間レースの展望です

 

ポルシェ一歩リードも接戦のLMP1

WECのシルバーストーンスパ・フランコルシャンでかなりの速さを見せたポルシェが2年連続のル・マン優勝を狙います。

スパではアウディが優勝したものの、ポルシェの速さは間違いありません。直線も速いしコーナーも速い。

ベルンハルト、ウェバー、ハートレーの1号車は本当に強いです。

 

 

今年も車を大きく変えてきたアウディは、王座奪還に挑みます。

ダウンフォースマシンという印象があるのでル・マンでどうなるのか気になる所。

シルバーストーンではレギュレーション違反をしてしまったものの、スパでは1勝をもぎ取りました。

さすがに今年はポルシェの好きにはさせないでしょうね。

あの不気味なノーズに注目です。

そして日本でもおなじみのロイック・デュバルアンドレ・ロッテラーブノワ・トレルイエ、元F1ドライバールーカス・ディ・グラッシもいます。

 

 

 

そしてトヨタですが、TS050はスパでハイダウンフォース仕様でそこそこ戦えました。

ル・マン用のローダウンフォース仕様がかなりのストレートスピードだそうですが、最近のテストやドライバーのコメントを見ると、苦戦しそうな予感。

昨年は1周6秒も遅いという恥ずかしい結果でしたが、今年はもうちょっとポルシェやアウディとの差が縮まることでしょう。

しかしどうも信頼性面に不安があるようにも思えます。スパでもトラブル出てました。

今年は中嶋一貴選手に加えて小林可夢偉選手も参戦します。

 

 

 

松田次生中野信治、平川亮 大混戦のLMP2

日本人選手が3人出場予定のLMP2です

3人とも別々のチームから参戦です。

 

どこが勝つのか本当に予想できません。

3台だけミシュランタイヤユーザーがいるのが気になりますね。

 

日本人選手3人がLMP2で走っていることを忘れずに!

 

 

 

チップ・ガナッシ参戦のGTE Pro

今年はなんとあのチップ・ガナッシ・レーシングが4台体制で参戦です。

ライアン・ブリスコースコット・ディクソンセバスチャン・ブルデーといった豪華なインディカードライバーもフォードGTで走ります。

 

 

 

 

フェラーリ 488GTEが速いのでAF Corseが有力ですが、アメリカ勢がどういったレースをするのか期待したいです。

 

ちなみにケビン・マグヌッセンの親父も出ますよ。

 

 

何かが起きる・・・GTE Am

山岸豊と澤圭太選手が出場するGTEアマクラスです。

ここも予想しづらいですが、WECではアストン・マーチン・レーシングの98号車やAFコルセの83号車が強さを見せています。

98号車にはニキ・ラウダの息子のマシアス・ラウダや、ベテランのペドロ・ラミーがいます。