読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 カナダGP 予選 ストレートスピード比較

カナダグランプリの各チーム最高速・スピードトラップの比較です

 

予選 DRS有り スピードトラップ
チームドライバーパワーユニットスピードトラップ速度
 ウィリアムズ  マッサ  メルセデス  336.7 km/h 
 フェラーリ  ベッテル  フェラーリ  335.4 km/h 
 マノー  ウェーレイン  メルセデス  334.9 km/h
 フォース・インディア ヒュルケンベルグ   メルセデス  333.3 km/h
 メルセデス   ロズベルグ  メルセデス  332.9 km/h
 トロロッソ  サインツ  フェラーリ15   332.2 km/h
 レッドブル   フェルスタッペン  ルノー  332.2 km/h 
 ハース  グティエレス  フェラーリ  332.0 km/h
 ザウバー  エリクソン  フェラーリ  331.2 km/h
 ルノー  パーマー  ルノー  331.0 km/h
 マクラーレン  バトン  ホンダ  327.0 km/h

 

 

ルノーパワーユニット、進化しました!!!

ルノーは新型パワーユニットを投入し、今までストレートスピードでは下位だったのが、真ん中くらいに。これは大きな進歩です。

レッドブルが330キロ超えてくるんですからこれは凄い。

 

そして、新型ターボ投入のフェラーリメルセデス超えのストレートスピードです。

フェラーリが予選で良いタイムを出せたのは、このターボのアップグレードのおかげもあるでしょう。

 

これで、パワーユニットの最高速という意味では、メルセデスフェラーリルノーがかなり近づきました。

もう昨年までのようなメルセデスパワーユニットだけ圧倒的というほどではありません。

ただし、レース時のデプロイメントではまだメルセデスに分がありそうです。

それでも、ルノーだからストレートが遅いということはなくなりました。

ストレートが遅いのはホンダだけです。

 

ホンダパワーユニットを積んだマクラーレンのストレートスピードは圧倒的に遅く、カナダのセクター3だけで他のチームより0.5秒とか遅いので、相当足を引っ張っています。