読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 モナコGP 木曜フリー走行 雑感

F1

1年に1度の木曜日のフリー走行です。

今年もやってきましたモナコグランプリ。

 

FP1では排水口の蓋が外れて、それがバトンのフロントウィングを破壊するというハプニングがありました。

また、新人ドライバーやダウンフォースの少ない車がモナコの洗礼を浴び、クラッシュしまくってました。

 

今回、初めて「ウルトラソフトタイヤ」が持ち込まれました。

スーパーソフトより柔らかいタイヤです。

 

そんなこともあってフリー走行2回目で既に昨年の予選のポールタイムを上回りました。

 

メルセデスがまだ予選に向けて実力を隠している可能性はあるものの

メルセデス VS レッドブル

になりそうです。

 

 

 

FP2ではリカルドがメルセデスを突き放すタイムで1番手タイム。

レッドブルのリカルドのマシンには新しいルノーパワーユニットが搭載されており、これがかなり良さそうです。この短いサーキットでも0.2秒くらいはゲインがある模様。

 

フリー走行にも関わらず、リカルドは凄まじい走りをしていました。

車を振り回してるんだけど動きは安定していました。

 

一方でフェラーリは一発のタイムでは苦戦。

スピンしたりガードレールに接触したりと車が不安定でした。

トロロッソに勝てるのか怪しい感じですが、土曜に修正できるのか注目されます。

 

フリー走行トロロッソフェラーリと互角以上の速さを発揮しています。

さすがにメルセデスレッドブルには敵わないものの、確実にポイントを獲得できる位置にいます。

メルセデスレッドブルトロロッソフェラーリ・フォースインディア

今のところこの5チームがポイント圏内という印象です。

 

特殊なサーキットだけに車の特性が大きくタイムに影響します。

ウィリアムズは相変わらずダウンフォース不足のためここでは下位に沈んでいます。

フォース・インディアの方がウィリアムズよりも速い。

 

モナコで速いということは車のスタビリティや中低速のコーナリング、回頭性が優れているということですから、そういった面も見えてきます。

 

ウルトラソフトタイヤですが、かなりもってしまいそうな予感。

すなわち、1ストップ作戦が主流になるのではないかと予想されます。

 

日曜の天候が怪しいので、雨だとまた面白いことになりそうですが、曇りだとタイヤの面では少し退屈かもしれません。

 

ロズベルグがまたしてもモナコで勝利するのか、それともハミルトンが一矢報いるのか、あるいはリカルドがくるのか。

予選の見どころはそのあたりです。

 

モナコではレッドブルフェラーリなのは間違いありません。

 

 

やはりモナコフリー走行1回目は荒れるので面白いですね。

路面も汚いし・・・。

常にイエローフラッグ出ている感じ。