読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 スペインGP 決勝。マックス・フェルスタッペンが初優勝!

 

18歳がレースを制す。 

 

メルセデスの同士討ち

1周目でハミルトンがロズベルグと接触。

メルセデス2台がリタイア。

ちょっとハミルトンは精彩を欠いていた感じでした。ロズベルグがイン側に行く動きはわかったはずなので、アウト側に行くべきところを芝生の上に避けてしまった。

1コーナーで抜かれてしまって焦ったのかもしれませんが、レースは長いですから。

ちなみにこのクラッシュは両者共にお咎めなしだそうです。

 

どうやらロズベルグコーナリングしながらエンジンのモードを変えて、それで若干失速して、ハミルトンにとって不意打ちのようになってしまったわけですが、それをハミルトンが上手く避けられずクラッシュに繋がってしまったとのこと。

 

 マックス・フェルスタッペンVSキミ・ライコネン

セーフティカー導入後、レースはレッドブルフェラーリの直接対決に。

若干フェラーリが速かったものの、最終コーナーでレッドブルが若干ですがフェラーリを引き離すため、ホームストレートでオーバーテイクまで漕ぎ着けられない。

 

レッドブルVSフェラーリの激しいバトルの末、マックス・フェルスタッペンが1位を死守。

  

18歳でF1優勝。しかもこれがレッドブルとしての1戦目。

センセーショナル・・・。

 

オランダ人初優勝。

 

 

リカルドとベッテルの戦略ミス

こんなことになるなんて予想出来た人はいない。

なぜリカルドもベッテルも3ストップ作戦にしちゃったのか。

リカルドがピットストップして3ストップ作戦を取ったことで、フェルスタッペンの勝利に繋がったと言わざるを得ないです。

全てがフェルスタッペンを勝たせる方向に向いていた決勝レースでした。

 

後ろからはペース的に速いライコネンがずっとプレッシャーをかけてましたが、その中でフェルスタッペンはミスすることもなかったわけで、これがレッドブルでの1戦目と考えると凄い精神力ですね。

 

ともかく、フェルスタッペン優勝おめでとう!

願わくばレッドブルメルセデスと互角に戦えるマシンに・・・

 

 

メルセデスの今回の接触は今シーズンのチームメイトバトルという意味でかなり厄介なことになりそうです。

そしてこの流れのままモナコGP

モナコは昨年も一昨年もハミルトンとロズベルグの間で問題が発生してますから、今年も何かあるんじゃないかと・・・。

今回は、ハミルトンは自分自身のミスに怒りを感じてるようですね。

ロズベルグがあからさまに何かしたわけじゃないですから。

 

とにかく驚きだらけのスペインGPでした。

 

まあしかし今日のレース見てるとレースペースが本当に遅いですねえマクラーレンは。

ホンダPUのパワー不足でセクター1とセクター2が遅いからなんでしょうけど、トロロッソフォース・インディアに全く歯が立たず、今回苦戦していたマッサにも抜かれ、ハースを引き離すことができないという感じでしたね。

今回メルセデス2台とヒュルケンベルグがリタイアしていなければポイントすら取れない遅さでした。

アロンソもそろそろ他のチームを考えたくなってきたことでしょう。

まあ、2017年以降はパワーユニットの出力に制限がかかるようなのでホンダとしては来年以降に救いがあるという感じですかね。