読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 スペインGP 予選 スピードトラップ 最高速 比較

F1

スペインGP予選のスピードトラップのチーム別速度比較

 

マノー 341.5 km/h

ハース 336.6 km/h

フォース・インディア 336.5 km/h

ウィリアムズ 336.3 km/h

レッドブル 335.4 km/h ※スリップストリーム

メルセデス 334.9 km/h

フェラーリ 334.2 km/h

ザウバー 333.8 km/h

トロロッソ 330.4 km/h

ルノー 329.4 km/h

マクラーレン 329.3 km/h

(参考:レッドブル 328.5 km/h)

 

 

予選時 ゴールラインの最高速度

メルセデス 294.1 km/h

フォース・インディア 292.9 km/h

マノー 292.6 km/h

ウィリアムズ 291.1 km/h

フェラーリ 291.0 km/h

レッドブル 289.0 km/h

ハース 288.9 km/h

ザウバー 288.0 km/h

マクラーレン 287.1 km/h

ルノー 286.1 km/h

トロロッソ 285.2 km/h

 

 

 

マノーが直線番長と化してます。ダウンフォースつけたくてもつけるダウンフォースがない・・・。

フィニッシュラインの速度を見ると一目瞭然でメルセデスPU勢が上位独占。

フェラーリPUもなんとか食い下がってますね。

 

ダウンフォースが多い分、最高速は控えめなメルセデスですが、フィニッシュラインの速度を見るとトップ。最終コーナーのスピードのキャリーがずば抜けてます。

 

予選結果と照らし合わせると、レッドブルはパワーユニットの不利をコーナーだけでかなり挽回できているということです。だからこそルノーPUの改善が待ち望まれる。

 マクラーレンはセクター1が遅すぎです。パワーがない。スピードトラップからもそれが目に見えてわかります。

 

F1を変えたテクノロジー (NEWS mook)

F1を変えたテクノロジー (NEWS mook)