読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

SUPER GT 第2戦 富士 感想

スーパーGTの第2戦が富士スピードウェイで5月3日、4日に行われました。

 

GT500は、開幕戦に引き続き日産GT-R勢がかなりの速さを見せました。

カルソニックGT-Rポールポジション獲得。

 

レクサス勢は予選でGT-Rほどの速さは出ませんでした。

 

決勝ではZENT RC Fもなんとか2位のS Road GT-Rについていけており、ロングランではRC Fはまずまずという印象でした。

しかし、トップのカルソニックのペースには遠く及ばず、序盤で引き離されました。

 

最初の悲劇はセーフティーカー導入後に起きました。

まず、S Roadのガス欠寸前でピットストップ。これが規定違反でペナルティ。

ZENTはガス欠で車を止めてしまいます。

 

これにより、40kgものハンデを積んでいるMOTUL GT-Rがなんとトップ争いの位置へ。

カルソニックとMOTULの激しいトップ争いの中、悲劇が起こりました。

なんとカルソニック GT-Rリアタイヤがバースト。

そのままリタイア・・・。目も当てられないほど落ち込むJPの姿。

順調だったはずのレースが水の泡に。

 

そして、まさかまさかのMOTULが2連勝。

強すぎる。レースが巧すぎる。

 

そういえば、RAYBRIG NSXも途中でタイヤバーストしてリタイアしましたがこちらもカルソニックと同じブリヂストン

まさかブリヂストンタイヤ・・・。

 

それにしても、40kgのウェイトハンデがあるのに優勝してしまう、後ろにいたDENSOのRC Fが勝負にならない、MOTUL GT-Rミシュラン、さらに松田次生とロニー・クインタレッリというこのチーム。

 

色々悔やまれることが多いレースでしたが、見ている方はかなり面白かったんじゃないかと思います。また、MOTULの強さを見せつけられた感じもします。

 

ホンダNSX・・・?相変わらずおっそいです。とてもじゃないけど表彰台すら実力で取れる速さはないです。

NSXは今シーズンからハイブリッドをやめて車を軽くしたようですが、GT-RやRC Fと比べるとエンジンパワーで劣っているようです。加えて、コーナリングもバランスが云々でそんなに良くない。

あの車今シーズン中に良くなるんですかね?

ウェイトハンデ積んだチームに完敗して恥ずかしくないのか。

 

 

GT300もGT-Rが優勝。ヤン・マーデンボローと星野一樹コンビ。

今回、BMW M6が速かったんですが、1回目のピットストップが長すぎて逆転されちゃいましたね。

意外に86も速かったです。

GT300は今回やたらクラッシュしたりトラブル出る車が多かったような。

開幕戦優勝したLEONもリタイアでしたし。