読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 第4戦 ロシアGP フリー走行&予選と決勝の展望

2016年のF1の序盤戦もいよいよ終わり。ロシアGPです。

 

フリー走行

今回、ミディアム、ソフト、スーパーソフトというコンパウンドが持ち込まれました。

なんでミディアム?というくらい、ここは摩耗が少ないです。

したがって、ほとんどのチームが1セットしかミディアムを持ってきていません。

ソフトでも30周走れます。

決勝はほぼ間違いなく1ストップが最善手になるでしょうね。

 

フリー走行では、ベッテルがストップしました。

ベッテルはギアボックスを交換することになり、5グリッドペナルティです。

本当に最近ついていないフェラーリ

 

打って変わってメルセデスはやっぱりここでは速い。

パワーサーキットなので単純にパワーユニットで有利なメルセデスですが、それだけでなくテクニカルなセクター3も速い。

メルセデスが優勝する可能性は非常に高い・・・。

開幕から3連勝しているロズベルグをハミルトンが止められるのかどうか。

今シーズンはスタートで波乱がありますが、今回はどうなるのか。

1回でいいからロズベルグとハミルトンのバトルが見たい。

 

そしてウィリアムズはアップデートに加えてこのサーキットの特性も相まって、レッドブルと勝負できるかもしれないという感じ。レースペースは速いです。

レッドブルもパワーユニットの不利がありながらトップ6は狙える速さはあります。

 

本当に摩耗が少ないので、予選でも1発だけじゃなく何回かタイムが出せそうな印象。

ここ3戦とは少し変わった予選・決勝が見られるかもしれません。

 

予選

まさかの・・・ルイス・ハミルトン トラブル。Q3走れず。

 

ハミルトンがトラブルであっさりとロズベルグがポール。

ハミルトンまたしてもという感じで不運が続きます。

フェラーリメルセデスどころかウィリアムズに脅かされてしまいます。

予想通りウィリアムズはこのサーキットとの相性が良い。

ボッタスがライコネンを上回りました。

 

2番手だったベッテルはギアボックス交換で5グリッド降格。決勝は7番グリッドから。

ロズベルグは明日かなり楽になりました。開幕4連勝が見えてきた。

 

レッドブルは予選でふるわず。パワーユニットの差が響いた感じがします。

 

メルセデスはロングランでも圧倒するペースなので、ロズベルグはスタートさえ成功すれば優勝間違いないでしょう。

ウィリアムズも悪くないので、フェラーリと互角に戦えるかもしれません。

 

ポイント争いではレッドブルトロ・ロッソフォース・インディアが残った席を巡ってバトルしそうです。