読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 インディカー第2戦予選でホンダが歴史的惨敗。トップ10をシボレー勢が独占

インディカー

インディカーで史上稀に見る異常事態が起こりました。

 

4月1日に行われた予選で、1位から10位までをシボレーのエアロ/エンジンを使っているチームが独占。

ホンダのエアロ/エンジンを使っているチームが全て下位に沈み、真ん中より上はシボレー、真ん中より下はホンダというとんでもないことに。

 

昨年、ホンダよりシボレーの方が圧倒的に速かったため、今年のエアロ開発ではシボレーがホンダにお情けで開発を許し、ロードコースではタイム的に接近しました。

 

しかし、オーバルコースのフェニックスGPの予選で、この異常事態が起きました。

シボレーに対しホンダエアロ/エンジンがとてつもなく遅い

 

1位のエリオ・カストロネベスの予選タイムが38秒2604に対し、

ホンダ最上位のマルコ・アンドレッティは38秒9188

短いオーバルコースでこの差です。

 

笑うしかない予選結果。

予選結果

1. (3) Helio Castroneves, Chevrolet, 192.324    
2. (10) Tony Kanaan, Chevrolet, 191.511    
3. (2) Juan Pablo Montoya, Chevrolet, 191.366    
4. (83) Charlie Kimball, Chevrolet, 191.220    
5. (20) Ed Carpenter, Chevrolet, 190.780    
6. (9) Scott Dixon, Chevrolet, 190.376    
7. (21) Josef Newgarden, Chevrolet, 190.094    
8. (8) Max Chilton, Chevrolet, 189.972    
9. (12) Will Power, Chevrolet, 189.749    
10. (22) Simon Pagenaud, Chevrolet, 189.654     
11. (27) Marco Andretti, Honda, 189.071    
12. (28) Ryan Hunter-Reay, Honda, 188.966    
13. (7) Mikhail Aleshin, Honda, 187.998    
14. (98) Alexander Rossi, Honda, 186.939    
15. (11) Sebastien Bourdais, Chevrolet, 186.544    
16. (19) Luca Filippi, Honda, 185.814    
17. (41) Jack Hawksworth, Honda, 185.046    
18. (18) Conor Daly, Honda, 184.261    
19. (15) Graham Rahal, Honda, 179.770    
20. (14) Takuma Sato, Honda, no speed
21. (26) Carlos Munoz, Honda, no speed
22. (5) James Hinchcliffe, Honda, no speed

 

シボレーに許しを得て新エアロにしたホンダはなんだったのか・・・。

これもう来年は全チームシボレーになってもおかしくない。

レースで取り戻すことは・・・多分無理。

マシンの性能が接近してるからこそ面白いインディカーでこれは酷すぎますね。

 

ちなみに佐藤琢磨選手ですが、大クラッシュして予選20位。