Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

F1 馬鹿げた新予選ルールが継続か?

開幕戦のオーストラリアGPで導入されたエリミネーション方式の新予選ルールですが、タイヤのセットが足りないなど、実質メルセデス以外は得しないという最悪な予選になりました。

 

しかしこの最悪な予選ルールがバーレーンGPでも導入されるようです。

 

バーレーンGPに持ち込むタイヤセットは既に決まっているので、オーストラリアGPと同じ様なことになる可能性があります。

 

路面のコンディションは基本的に走行を重ねるほどよくなるため、予選セッションの後半の方が速いタイムがでます。

したがって、脱落しないために下位・中段チームはQ1やQ2で何度も一番柔らかいタイヤで走行しなければならなくなります。

しかしそれだと決勝用の新品タイヤがなくなる。

一方で上位チームは1回アタックしたタイムでもQ1を十分に通過でき、Q2でも1回で行ける可能性があります。

バーレーンでもメルセデス以外はQ3で1回しかアタックをしないという悲惨な状況になるかもしれません。

 

www.autosport.com

 

もし本当にバーレーンGPでもあのエリミネーション方式の予選を継続するなら、アホですね。