Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

F1 2016 プレシーズンテスト 2回目 3日目 「ハロ」登場

ドライバーの頭部を守る「Halo」をフェラーリが装着しました。

 

 

視界は良好だそうですが見た目は不評のようです。 2017年にはこれを全車装着・・・になるのでしょうか。

 

いきなりミディアムで1分24秒309を出してくるロズベルグ

プレシーズンテスト通して、メルセデスはいきなりミディアムタイヤで速いタイムを記録します。車の仕上がりは相当良さそうです。

メルセデスは謙遜しているものの、総合面では頭一つ分抜けだしている気がします。

 

今日はフォース・インディアトロロッソといったところもソフトタイヤを履きました。

 

フェラーリ 1分23秒009 ソフト

フェラーリ 1分22秒785 ウルトラソフト

フォース・インディア 1分24秒230 ソフト

フォース・インディア 1分23秒520 スーパーソフト

 フォース・インディア 1分23秒251 ウルトラソフト

トロロッソ 1分24秒492 ソフト

トロロッソ 1分23秒650 スーパーソフト

トロロッソ 1分23秒382 ウルトラソフト

メルセデス 1分24秒126 ミディアム

ウィリアムズ 1分24秒898 ミディアム

ウィリアムズ 1分23秒193 ソフト

ザウバー 1分24秒768 ソフト

マノー 1分25秒101 スーパーソフト

マノー 1分24秒913 ウルトラソフト

 

トロロッソのSTR11のポテンシャルが見えたかなという印象。

フェラーリのこのタイムは結構本気のやつだと思います。 ソフトなので。

 

ウルトラソフトも登場。

 

ルノーの説明では、ルノーのパワーユニットは昨年比で1周0.5秒速いようです。

パワーアップに成功ということでしょうか。

 

 午前中のタイムですが、上位3人はウルトラソフトです。

 

ハース、今日は順調に走れてます。

と思ったらグロージャンがコースアウトしてタイヤバリアの手前で停止。

 

マクラーレンはレースシミュレーションをするようです。これでポテンシャルがわかることでしょう。

 

ウィリアムズが1分23秒前半のタイムをソフトタイヤでマークしました。

ソフトですがウルトラソフトのフォース・インディアを上回るタイムです。これは目安として十分なタイムです。

 

ウルトラソフトとスーパーソフトの差がちょっとしかないのですが、どうやら現地の気温が低くて作動温度領域にうまく入らないような感じです。路面温度が18度程度だとか。

当然ながらカタロニアサーキットの路面ではあっという間にウルトラソフトは摩耗してしまうため、1周もっているのかすら疑問です。

 

3日目総合結果