読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Gear

F1、WEC、インディ、などモータースポーツの話

2016 F1 プレシーズンテスト バルセロナ 1回目 Day 1

2016年シーズンを占う、プレシーズンテスト初日! 

2015年とは異なり、全チームが初日のテストに参加しました。 

 

初日のテスト結果

 

 

テールパイプやエキゾーストパイプに関するレギュレーション変更でノイズが少し大きくなると言われていましたが、たぶんほとんど変わらない・・・。ほんのちょっと。ですので、エキゾーストノートには期待しないでください。

 

テストの様子↓

F1 Teams Unveil 2016 Cars At Winter Testing - YouTube

  

フェラーリ

午前中の終わりに 1分24秒939を記録。ミディアムタイヤ。

様変わりしたフェラーリのSF-16Hは速いかも。 

 

初日の周回数はそんなに多くなかったフェラーリ

 

 

ウィリアムズ

 

 今日のテストではあまり目立たなかったウィリアムズ。

それでも昨年と同じ様な位置には行けそう?

 

 

 

マクラーレン

ペダルとセンサーのトラブルがあったものの昨年よりは幾分マシなテストが出来ている様子。 

 

テスト初日なので速さがあるのかどうかはまだわかりませんが、少なくともこの日のパッケージは速いとは言い難い。ソフトを履いてもミディアムのベッテルから2秒遅れ。

 

エリック・ブーリエいわく、午前中は十分ではなかったとのこと。問題がいくつか発生している様子。

 

ホンダは今週と来週のテストでマーク1とマーク2の2種類のパワーユニットを使うようです。

そして、開幕戦ではそれら2つのパワーユニットのテスト結果を踏まえた「マーク3」を用意する模様。

 

 

レッドブル

タグ・ホイヤーの名前がついたルノーパワーユニットですが、エイドリアン・ニューウェイいわく、 ハイブリッドシステムに良い方向性を見つけたとか。

 

でもフェラーリメルセデスからは置いて行かれている印象もあります。信頼性でも速さでも。

まだテスト初日ですが、トップ争いできる位置にはいないような予感。 

 

 

メルセデス

 

いきなり速いタイム出す上に、ラップ数も他を圧倒。

これは今年も速いぞ。信頼性も高そうです。

 

ハミルトンいわく、昨年からの進化型で、フィーリングは同じだそう。

 

なんと150周。たった1日で。

他のチームの倍走ってる。なんという信頼性。

1日目のトップタイムはフェラーリに譲りましたが、おそらくテストしている部分が違うのでしょう。 

 

 

ハース

無難な出だしかと思いきやフロントウィングを落としたようで赤旗の原因に。 

ルーキーチームとしては悪く無いタイムも出してます。まだ初日なので色々やることはありそうですが。

 

 

 

 ルノー

何か問題があったようで、あまり周回を重ねられていません。 

タイムもHaasより遅い最下位。

しかし本領ではない感じはしています。 

何のトラブルだったのか。

 

 

ザウバー

2015年型のマシン+2016年のカラーリング。

2016年のニューマシンは3月に入ってからだそうで。

それでも周回数はメルセデスに次いで2番目。

でも昨年のマシン・・・。

 

フォース・インディア

 テストドライバーのアルフォンソ・セリスJrがドライブ。

VJM09は昨年同様の穴あきノーズです。

新人のセリスがドライブしてマクラーレンより速いタイムを出しました。

VJM09もポイント争いできる車でしょうか?

 

 

トロロッソ

カラーリングはまだしていないため紺一色です。

午前中から結構な周回数を重ねています。

フェラーリパワーユニットを今年から使いますが、型落ちということでザウバーHAASとの差が気になる所。

 

初日はギアボックストラブルに見舞われました。

その部分は来週を待たなければなりませんね。

 

 

マノー

 

少し雰囲気が変わったマノーチームのMRT05がお披露目。

 

午前中はあまり走行できていませんでしたが、午後が終わってみれば47周。

ソフトタイヤで1分28秒292

昨年のスペインGPでマルシャはミディアムタイヤで1分31秒200

状況は違いますが進歩は明らかにしていると思います。